東京:神奈川:千葉:埼玉:静岡に104店舗チェーン展開する自転車販売店

mizutani Seraph・イーバイクスタッフインプレッション


mizutani Seraph

 

こちらもシマノSTEPS搭載モデル

かつてミズタニ自転車が持っていたブランド、

セラフの名前をそのまま採用したクロスバイクタイプのE-Bikeです。

一番の特徴はなんといっても17,5kgという重量で、

スポーツE-Bikeの全車種と比較してもとても軽量といえます。

ゆえに、同じシマノステップスを装備しているイーバイクの中でも、

数少ない電源を入れなくても快適に走行することが可能なモデルで、

これは「バッテリーが切れると走行性能が著しく低下する」

という電動自転車の弱点を補っているとも言え、

ある意味ではE-Bikeの理想の形を体現したバイクと言えると 思います。

 

 

フロントフォークにはカーボンを使用し、

さらにサドルにはミズタニ自転車が代理店を勤める

「Selle SMP」のものが使用されているため、

アルミフレームながら地面からの振動吸収性も高く、

長時間のライドでもおしりが痛くなりづらいのも嬉しい点です。

これはポイント高いです。

 

 

またネジ止め式のスタンドが標準装備されており、

日常使いではそのまま使用し、ロングツーリングや

フィットネスで使う際は外すといった使い分けができます。

軽さが大きな武器となっているこの車体では、

パーツの中では軽いとはいえないスタンドをあえて

外してしまうのもありだと思います。

 

 

ブレーキは油圧のディスクブレーキを使用し、

タイヤはこれもミズタニ自転車が代理店を勤めるドイツのタイヤメーカー、

コンチネンタルのウルトラスポーツ・700×32C という、

少し太めのものを使用しています。

これにより雨天でも安定した走行と、

しっかりとしたブレーキングが可能となっています。

この点は少しの雨なら自転車で通勤したいとお考えの方には、

安心できるのではないでしょうか。

 

 

ステップスが持つアシストのパワーと、

車体の持つ軽量さ、振動吸収性をあわせたセラフは、

坂の多い地域や、ストップアンドゴーの多い都心では

特に大きな活躍をしてくれるアーバンクロスバイクと言えるでしょう。

価格は・・・少々お高いですが、

ロングライドなど行きはモードオフ、帰りはアシスト全開、

1台で2役という使い分けを考えれば納得です!