今乗るならこんなバイク!MARINの大人気グラベルロードバイク!

本日は、ここ数年よく耳にするキーワード ”グラベルロードバイク” の、ある意味答えのようなバイクのご紹介です。

その前にざっくりとグラベルロードバイクとは?をご説明。
グラベル(未舗装路)も、ロード(舗装路)も快適に走ることが出来るバイクの総称で、特徴としてはフレームはクロモリもしくはアルミ、車体によってはカーボンフォークを使用していたりします。トップチューブは短めでアップライトな無理のないポジションで乗ることができ、ハンドルはロングライドやグラベル向けに幅広でリーチは短め、ドロップが浅めのものが多いです。荷物をたくさん積載できるようアイレット(ダボ穴)が至る所に装備されており、悪天候でも操作性が左右されにくいディスクブレーキが採用されているモデルが多いです。

その他、様々なスタイルの自転車同様に、これがこうだからグラベル!といった明確な定義がないのですが、誤解を恐れずものすごく、そしてざっくり言うならば現代のツーリングバイクの呼び名がグラベルロードです。

 

本日ご紹介するMARIN NICASIOはまさにそんなバイク。

同メーカーの人気クロスバイクNICASIO SEのグラベルモデルという立ち位置で、フレーム・フォーク共にクロモリを採用。決して軽量ではありませんが、しっかりとした安心感とクロモリならではしなやかなさは、長時間のライド時に本領を発揮してくれます。

 

ツーリング用途であれば、やはり前後多段が必須でしょう。フロントシングルのSEとは違い、こちらは2×8の16段変速。STIレバーは安心感のあるシマノ製クラリスを採用。しっかり変速決まります!

 

ブレーキは天候や路面コンディションで制動力が左右されにくい機械式ディスクブレーキを採用。タッチの軽さは油圧に適いませんが、ハンドルまわりのカスタムもし易いですし、出先でのトラブルに対処しやすいのはワイヤー引きのいい所。

 


ハンドルはドロップが浅めで下ハンが握りやすいハの字形。クラシックな丸ハンやシャロ―タイプとは異なる、最近よく見かけるこの形はグラベル走行時にしっかりとしたハンドリングが可能となります。

 


タイヤが700×30cとツーリングにはぴったりのやや太め。650bとコンパチブルなので、よりグラベルを楽しみたいという方は650bホイールにカスタマイズするのも◎最大クリアランスが47cなので、最近人気のWTBやパナレーサー、シュワルベやマキシスあたりのサイドスキンタイヤにカスタムするのもおすすめです。

 


たくさんのダボ穴を利用してキャリアを取り付けたり、フレームバッグを多用してキャンプギアをパッキングしたりと、楽しみの幅はクロスバイクとは比べ物にならないほど広がりそう。

 

ららぽーと沼津店的オススメはこんな装備。前後にラックを付けて更に積載量を増してのライドなんてのも良さそうですね!こういったカスタムがバッチリ似合うのもNICASIOの魅力。

 

グラベルロードとしては比較的安価な為、浮いた予算でブレーキシステムやホイールのアップグレードを楽しんだり、前述したとおり650b化し更なる冒険や乗り心地の良さを追求するなんていうのも良いのではないでしょうか。
店頭には56サイズ(適応身長約170cm~180cm)、グロスシルバーがラスト1台のみ!ございます。

気になる方は是非店頭でお確かめください!

 

他店で購入の自転車も大歓迎 ◎

空気入れだけでもOKです♪

ベビーカー、車いすの空気も無料でお入れしますので気軽にお越しください!

 

※館内の自転車の通行は禁止されていますのでご注意下さい※

※南シネマエントランス横の入口よりお持ち込み下さい※

 

ご不明点などお気軽にお問合せ下さい♪

 

サイクルスポットららぽーと沼津店

静岡県沼津市東椎路東荒301番地3

ららぽーと沼津店1階(総合案内所横)

TEL:055-960-7615

公式オンラインストア

オンラインショップ 通販
OFFICIAL STORE オンラインストアはこちら
TOPへ戻る TOP