2017 NEIL PRYDE BURA105 入荷しました。 ニールプライド ビューラ105


こんばんは、丸井海老名店のタテノです。

 

今年から取り扱いを始めたニールプライドですが、一台目がようやく入荷しました。

ニールプライドについてはこちら

ビューラ105です。

サイズ M 545mm

売価 269,800円+税

このバイクは今年からのニューモデルで、軽量オールラウンダーであるビューラslの弟分としてデビュー。

東レのカーボンをオリジナルブレンドしたC6.7を使用し、フレーム重量950gと軽量。

上位モデルのビューラslよりも200gの重量増となるが、剛性はそのままに衝撃吸収性をUP!

つまりレースで十分すぎるパフォーマンスを持ちながら、ロングライドまでこなせる懐の深いバイクです。

ルックスも格好いいですし、乗っている人が少ないのでとってもおすすめ。

 

完成車にあるあるですが、唯一の難点はホイールが重たい点。

フルクラムのレーシングスポーツというホイールが付いているんですが、これが結構重たい。

量っていませんが前後で2000g近くあるんじゃないかなー?

ホイールを交換すれば、ビューラのポテンシャルをさらに発揮できるはず!

 

 

ダウンチューブのNEIL PRYDEロゴはマットホワイト→グロスホワイトに仕様変更になったそうです。

 

トップチューブの上面ってブルーカラーだったりします。

カタログじゃ見えないけど(笑)

 

ヘッドチューブに剛性UPのためのリブを配置。

 

大丈夫なの!?って言うぐらい細いシートステーですが、シートステーが無くても問題ないぐらいダウンチューブとチェーンステーの剛性が高いのでこの細さでOKなのです。

 

フロントフォークはわずかにベント(曲げ加工)させてあり、ハンドリングが切れすぎないのでコーナリングが苦手な人にもおすすめ!最近のカーボンフォークってストレートばっかりなんですよね。

内側にはコーポレートカラーのブルーを配置!

 

シートステーとチェーンステーに渡ってリブを配置。

チェーンステー内側にもブルーカラー。

 

ボトルのネジはダウンチューブ側は3つ付いており、なおかつ右側にオフセットされています。

これは1ボトルの時は下2つを使い、2ボトルの時はシートチューブ側のボトルと干渉してしまうので、上2つを使います。

こうすることにより1ボトルの時、少しでも重心を下げられるわけです。

右側にオフセットされているのは右手でボトルを出し入れしやすいようにですね。

・・・左利きの人はどーすんだ?

 

 

公式オンラインストア

オンラインショップ 通販
OFFICIAL STORE オンラインストアはこちら
この記事のタグ:

TOP