11日間限定
クリスマスセール
12/1 11:00-
11日間限定
12月1日(木) 11:00 12日(月) 11:00
最大 ¥4,400 OFF
セール 詳細

専門店のプロが選ぶ!2022年、最新電動自転車お子さまの送り迎えおすすめ特集!

4月からの保育園、幼稚園に向けて準備が忙しくなってくる季節、お子さまの送り迎えに自転車を検討される方が増えてきています。
そこで、自転車屋さんがオススメする、送り迎えに便利な自転車をご紹介します!

  1. 送り迎えに便利な自転車は?
  2. 前子乗せタイプのオススメ4選
  3. 後子乗せタイプのオススメ5選
  4. ふたご、としごでも乗れる3輪お子さま乗せ自転車(非電動)

1. 送り迎えに便利な自転車は?

毎日の送り迎え、安心安全なものを選びたいのが親心。
1歳からの送り迎えにオススメは、なんといっても子乗せ電動アシスト自転車。
10kg前後のお子さまから入園した際、卒園の頃には20kgを超えることも…
日々大きくなるお子さまの送迎はなかなかな大変、特に坂道がある地域だと送迎だけで疲れ果ててしまいます。

電動アシスト自転車はその名の通り電気でアシストしてくれる自転車。
脚への負担が軽減され、坂道では座ったままでスイスイ漕げるので、大きくなるお子さまを乗せても楽に運転することができます。
また、最近の電動アシスト自転車は大容量なものも多く、1週間に1回程度の充電ペースでも使えることも。
容量が大きくなることで、バッテリーの寿命も長くなり、送り迎えが終わったら乗れなくなる…なんてこともありません。

子供乗せ自転車には、前にチャイルドシートが標準装備の「前子乗せタイプ」と、後ろチャイルドシートが標準装備の「後子乗せタイプ」の2種類に分けられます。
どちらのタイプも後でチャイルドシートを追加できるので、2人目のお子さまが産まれても安心です。

2. 前子乗せタイプのオススメ4選

前子乗せタイプは、1歳~4歳未満、身長100cm以下、体重15kg未満まで乗せられます。
お父さんお母さんの目の前に見えるので、安心して見守れるのが特徴。
また、前からお子さまを乗せ降ろしができるので、とっても楽です。
初めての子供乗せ自転車で迷ったらこのタイプがオススメです。

ブリヂストン bikke POLAR e

bikke POLAR e
bikke POLAR e
bikke POLAR e
bikke POLAR e
bikke POLAR e
bikke POLAR e
bikke POLAR e
bikke POLAR e
bikke POLAR e
bikke POLAR e
bikke POLAR e
bikke POLAR e
bikke POLAR e
bikke POLAR e
bikke POLAR e
  • 適応身長:138cm~
  • 走行距離:標準モードで約63km
  • 体感パワー:★★★★☆
  • 車高:約103.5cm~

身長138㎝の方から乗れるよう低床につくられているのが特徴。
各メーカーの中でも最も低くできているので、小柄な方でも安心して乗り降りできます。

各社チャイルドシートのヘッドレストやフットレストの高さ調整ができますが、bikke POLAR eは最もお子さまの成長に合わせて細かく設定できるようになってます。

チャイルドシート内部が広々設計なので、身体の大きめなお子さまでも安心です。

自転車といえばブリヂストンと言われるほど、業界大手の自転車メーカー。
前タイヤは駐輪場でも入りやすいように後輪に比べ少し細めだったり、背の低い方でも安心して乗れる設計だったりと、細やかな気配りが詰まった自転車です。

ヤマハ PAS Kiss mini un SP

PAS Kiss mini un SP
PAS Kiss mini un SP
PAS Kiss mini un SP
PAS Kiss mini un SP
PAS Kiss mini un SP
PAS Kiss mini un SP
PAS Kiss mini un SP
PAS Kiss mini un SP
  • 適応身長:142cm~
  • 走行距離:標準モードで約59km
  • 体感パワー:★★★★★
  • 車高:約112cm~

開口部が広くなり、お子さまを高く抱きかかえることなく、乗せ降ろしがラクラクです。

片手で簡単に開け閉めできるので、抱っこしててもまごつく心配がありません。

膝元が広く、お子さまがシートの中でも窮屈になりにくいです。
通気性も良く、胸元までしっかり包み込むので安心です。

坂道では自動で「強」モードレベル、平坦路では不要なパワーをセーブしてます。
またアシスト力の範囲を広げることで、よりスムーズに力強いアシストを体感できます。

手を添えやすいガード付サドル。実は電動自転車で意外と多いのがサドルの破損。ガード付なので重たい電動自転車を引っ張っても壊れにくいです。

2022年モデルよりカラーラインナップが変更、落ち着いた色味になりました。
2021年モデルとの大きな違いは、後付けできる後ろのチャイルドシートが専用設計に。荷台が狭くなり、お子さまがよりまたぎやすくなりました。

パナソニック ギュット・クルーム DX

ギュット・クルーム DX
ギュット・クルーム DX
ギュット・クルーム DX
ギュット・クルーム DX
ギュット・クルーム DX
ギュット・クルーム DX
ギュット・クルーム DX
ギュット・クルーム DX
ギュット・クルーム DX
  • 適応身長:142cm~
  • 走行距離:標準モードで約60km
  • 体感パワー:★★★★☆
  • 車高:約133cm~

年々日差しが強くなっている夏場でも快適に過ごせるようサンシェードとフットカバーが標準装備、お子さまの乗せ降ろしも簡単なチャイルドシートなどお子さまと向き合い続けた両メーカーだからこその設計です。
靴の飛び出しや暑さ対策に便利なメッシュフットカバー付きです。

ちょっとマニアックですが、2022年モデルからは、後ろブレーキに使っている部品がグレードアップ。簡単に言うとブレーキの効きがより長持ちになりました。

駐輪場でも入りやすい約5cm幅のタイヤサイズ(※ご自宅の駐輪場寸法をご確認ください)

先輩ママパパが選ぶ「マザーズセレクション大賞2021」にギュットシリーズが受賞しました。子供が乗る場所が安定していて安心安全に乗せられる」、「走行性、パワーも十分」、「車体が低く操作がしやすい」などの理由が挙げられていました。

電動アシスト国内シェアNo.1ブランドのPanasonicと、ベビーカーブランド最大手のCombiと共同開発したギュットシリーズ。前子乗せ電動自転車では当社でも1、2を争う人気車種です。

パナソニック ギュット・クルーム EX

ギュット・クルーム EX
ギュット・クルーム EX
ギュット・クルーム EX
ギュット・クルーム EX
ギュット・クルーム EX
ギュット・クルーム EX
ギュット・クルーム EX
ギュット・クルーム EX
  • 適応身長:142cm~
  • 走行距離:標準モードで約60km
  • 体感パワー:★★★★★
  • 車高:約133cm~

カギをカバンから取り出すこともなく、手元スイッチの電源を入れるだけで自動で開錠されます。

子どもや子育てに関わる製品やサービス、デザインなどに配慮したものに贈られる「キッズデザイン賞2019」を受賞

ちょっとマニアックですが、2022年モデルからは、後ろブレーキに使っている部品がグレードアップ。簡単に言うとブレーキの効きがより長持ちになりました。

駐輪場でも入りやすい約5cm幅のタイヤサイズ(※ご自宅の駐輪場寸法をご確認ください)

靴の飛び出しや暑さ対策に便利なメッシュフットカバー付きです。

先輩ママパパが選ぶ「マザーズセレクション大賞2021」にギュットシリーズが受賞しました。子供が乗る場所が安定していて安心安全に乗せられる」、「走行性、パワーも十分」、「車体が低く操作がしやすい」などの理由が挙げられていました。

ギュットクルームDXの上位機種。カギを差さずに開けられるので、忙しい時間でも安心してサッとお出かけできます。

3. 後子乗せタイプのオススメ5選

後子乗せタイプは、1歳以上6歳未満、身長115cm以下、体重22kgまで乗せられます。
卒園まで長く使える設計ですが、後子乗せはお子さまが見えない分、どのメーカーも2歳以上の使用を推奨しています。
また、前カゴが標準装備なモデルが多く、前後に2人乗せていてもお買い物ができるのも特徴です。

後子乗せタイプは、基本的に二輪自転車ですが、年子や双子のご家庭でも利用できる三輪自転車もあります。
こちらも後ほどご紹介します。

ブリヂストン bikke MOB dd

ビッケモブ
ビッケモブ
ビッケモブ
ビッケモブ
ビッケモブ
ビッケモブ
ビッケモブ
ビッケモブ
  • 適応身長:142cm~
  • 走行距離:標準モードで約80km
  • 体感パワー:★★★★★
  • 車高:約97.5cm~

チャイルドシートの座面は広いにも関わらず、コンパクト設計なので、駐輪場の出し入れも煩わしくありません。
また、チャイルドシートクッションも標準装備です。

駆動部分がチェーンではなくベルトドライブなので、こぎ出しや電動が切れても、普通の電動自転車より楽に漕げるもの特徴。

左ブレーキを掛けたり、ペダルを止めるとバッテリー残量が回復する自動充電を搭載。

またぎやすくカスタムベースとしても楽しめるパパ・ママ共に乗りやすい電動自転車。また前後輪のタイヤサイズが違いますが、実は自転車として安定感のある理にかなった設計です。

ブリヂストン ハイディ・ツー

ハイディ・ツー
ハイディ・ツー
ハイディ・ツー
ハイディ・ツー
ハイディ・ツー
ハイディ・ツー
ハイディ・ツー
ハイディ・ツー
ハイディ・ツー
ハイディ・ツー
ハイディ・ツー
ハイディ・ツー
ハイディ・ツー
ハイディ・ツー
  • 適応身長:145cm~
  • 走行距離:標準モードで約85km
  • 体感パワー:★★★★★
  • 車高:約110.5cm~

しっかり荷物も載せられる専用バスケットも取り付け可能

駆動部分がチェーンではなくベルトドライブなので、こぎ出しや電動が切れても、普通の電動自転車より楽に漕げるのも特徴。

左ブレーキを掛けたり、ペダルを止めるとバッテリー残量が回復する自動充電を搭載。

他の子乗せ自転車よりもオシャレに、またお父さんが乗ってもサマになるデザインが特徴。
26インチと大きく感じる割に、身長145cmの方から乗れる低床設計かつ、1回の充電で乗れる距離は、なんとパナソニックやヤマハより長い85kmと子乗せ電動アシストでは最長。
見た目だけでなく機能面も充実している1台です。

ヤマハ PAS Babby un SP

パス バビー アン スーパー
パス バビー アン スーパー
パス バビー アン スーパー
パス バビー アン スーパー
パス バビー アン スーパー
パス バビー アン スーパー
パス バビー アン スーパー
パス バビー アン スーパー
  • 適応身長:142cm~
  • 走行距離:標準モードで約58km
  • 体感パワー:★★★★★
  • 車高:約113cm~

前子乗せモデルにも搭載のスマートパワーアシストが付いているので、スムーズで力強いアシストと、自動でアシスト力を調整してくれます。

2022年モデルから搭載の新型リヤチャイルドシート。頭部を270°包み込むヘッドレストや、チャイルドシート自体が折り畳めるので、2段式自転車ラックなど高さ制限のある駐輪場でも邪魔になりません。

座るところは広く、またぎやすく更に快適に。

350mmペッドボトル2本や19cmほどの靴もすっぽり入るカバー付きポケットが付きました。

大容量のバスケットは、荷物をたっぷり入れられます。

手を添えやすいガード付サドル。実は電動自転車で意外と多いのがサドルの破損。ガード付なので重たい電動自転車を引っ張っても壊れにくいです。

2022年モデルから搭載の新型リヤチャイルドシートは、ちょっとゴツいですが、各社の中でも一番安心感があると思います。ついつい後ろで寝ちゃうお子さまの頭をしっかり守ってくれますし、すれ違いや巻き込み事故を防ぐフットレストなど、そういえば!な点をしっかり押さえています。

パナソニック ギュット・クルームR DX

ギュット・クルームR DX
ギュット・クルームR DX
ギュット・クルームR DX
ギュット・クルームR DX
ギュット・クルームR DX
ギュット・クルームR DX
ギュット・クルームR DX
ギュット・クルームR DX
ギュット・クルームR DX
ギュット・クルームR DX
ギュット・クルームR DX
  • 適応身長:142cm~
  • 走行距離:標準モードで約60km
  • 体感パワー:★★★★★
  • 車高:約137cm~

2022年モデルから搭載した新型ユニット。漕ぎ出しは優しく、坂道や荷物がある時はパワフルに自動で調整されます。また従来よりアシスト感が長く感じられるようになりました。

ちょっとマニアックですが、2022年モデルからは、後ろブレーキに使っている部品がグレードアップ。簡単に言うとブレーキの効きがより長持ちになりました。

日除け付きでお子さまを日差しから守ります。

2022年モデルから幅広の大容量のバスケットに。各社の中で一番荷物をたっぷり入れられます。

2022年モデルから搭載の新しいアシストユニット、昨年モデルと比較しても確かに伸びやかな感じになりました。
バスケットも大きく、送り迎えの荷物もしっかり入ります。

パナソニック ギュット・アニーズ DX

ギュット・アニーズDX DX
ギュット・アニーズDX DX
ギュット・アニーズDX DX
ギュット・アニーズDX DX
ギュット・アニーズDX DX
ギュット・アニーズDX DX
ギュット・アニーズDX DX
ギュット・アニーズDX DX
ギュット・アニーズDX DX
  • 適応身長:142cm~
  • 走行距離:標準モードで約60km
  • 体感パワー:★★★★☆
  • 車高:約105cm~

片手で操作できる巻き取り式シートベルトは忙しい朝に本当に活躍します。

後子乗せ背面にはちょっとしたポケットが付いているので、
ポンチョやレインシートなど薄手の小物入れにピッタリです。

ちょっとマニアックですが、2022年モデルからは、後ろブレーキに使っている部品がグレードアップ。簡単に言うとブレーキの効きがより長持ちになりました。

実は電動自転車で意外と多いのがサドルの破損。ガード付なので重たい電動自転車を引っ張っても壊れにくいです。

後子乗せモデルでは当社で最も好評のギュット・アニーズ。
決して安いわけではない電動自転車の中でも今回紹介した中で一番安く、機能も十分備わったモデルです。

4. ふたご、としごでも乗れる3輪お子さま乗せ自転車(非電動)

双子を持つお母さんが企画し、国内最大手のチャイルドシートメーカーOGK技研が開発した、ふたごじてんしゃ。
双子や年子を持つお母さんの移動は本当に大変です。
外に出たいけど出られない、出かける労力を考えたら出かけない選択の方が楽だと考えてしまうほど。
そんな多胎育児をするお母さんを、外と繋げる手助けとなればという想いから生まれました。
開発者の想いの詰まったサイトもご参考ください。
きっと双子、年子で苦労されているお母さんが元気になれると思います。

ふたごじてんしゃは3輪の子供乗せ自転車(非電動)です。
2輪自転車に比べて操作性や駐輪に気を付ける必要があるため、購入希望の際はアセスメント取得が必要となります。

アセスメント販売は、利用される環境で使用できるか、利用される方にこの自転車が本当に最適な乗り物かを一緒に考えるツールですので、下記サイトよりご確認ください。

OGK ふたごじてんしゃ

ふたごじてんしゃ
ふたごじてんしゃ
ふたごじてんしゃ
ふたごじてんしゃ
ふたごじてんしゃ
ふたごじてんしゃ

お子様を2人を乗せるのに十分なお子様を2人を乗せるのに十分な強度を持つ専用うしろキャリヤ。幼児2人同乗可能。1歳から6歳未満のお子様を2人まで同時に乗せることができます。(※シートは別売りです)

駐輪時やお子様の乗せ降ろし時に便利なパーキングブレーキ機能付き。

手元のレバーでスイングの切替が可能なスイングストップレバー。
スイング機構の詳しい動画はこちら

荷物がたっぷり入る大きな樹脂製バスケット。
外寸:幅450x高さ230x奥行330mm
底面内寸:幅330x奥行210mm

重量のかかる後輪は左右の後輪ブレーキが同時に掛かるダブルブレーキ。

正直、自転車も重くまだまだ改良の余地はありますが、日本で唯一のふたご(としご)向け自転車。
諦めざるを得なかった行動範囲を広げてくれます。
もし実物を乗ってみたい方は、下記店舗へご連絡ください。

サイクルスポット相模大野店
サイクルスポットイトーヨーカドー川崎店
サイクルスポット東大島店
サイクルスポットテラスモール松戸店

最後までご覧いただきありがとうございます。

公式オンラインストア

オンラインショップ 通販
OFFICIAL STORE オンラインストアはこちら
TOPへ戻る TOP