取り扱いメーカーとチームについて!(GIANT,Bianchi)


みなさんこんにちは!!武蔵小山店の新井です!!

 

最近武蔵小山店にご来店のお客様のなかで「ロードレースおもしろいね!」、「Jスポ契約しちゃった!!」という声をちらほら聞くようになりました。ロード乗り、ロードレースファンの1人としてとてもうれしく思います!!

個人を応援するもよし、自分の乗る自転車のメーカーを応援するもよし、沿道で応援する人を観察するもよし(ヨーロッパのレースではすごい応援をする人がたくさん!)、本当に様々な楽しみ方があります(*’▽’)

 

さて、今日はそのロードレースをもう少し面白くみるために、武蔵小山店の取り扱いメーカーの紹介もかねて、メーカーがサポートするチームについて少し触れてみたいと思います。

 

チームを知ることで自分の乗る自転車がもっともっと好きになるかもしれませんね!

 

ちなみに本日紹介するメーカーは、当店取り扱いメーカーのうちのごく一部となっております。

詳しくは店舗スタッフにお尋ねいただければと思います!!

(書いていて思ったより長くなってしまったので今回は二部構成です!)

では、つらつらーっといってみましょう!!( ゚Д゚)

 

GIANT(台湾)

サポートチーム:チームSUNWEB(ドイツ、UCIワールドチーム)

ご存知の方も多いと思います。1972年創業、世界シェアナンバーワンのバイクメーカーです。正式名称は『ジャイアント・マニュファクチャリング』。

 

サポートするチームサンウェブは昨年度ジロ・デ・イタリア(とてもとても大きなヨーロッパの超メジャーレース)の総合優勝を飾ったり、世界選手権のチームTTの優勝だったりとても目立った成績残しています。(サンウェブはオランダの旅行店)

 

所属する選手ではオランダ人のトム・デュムラン選手、オーストラリア人のマイケル・マシューズ選手が有名選手として挙げられますが、過去には日本の別府史之選手(現トレックセガフレード)や、土井雪広選手(現マトリックスパワータグ)も所属したことがあり、特に別府選手はツールドフランス初出場チームが当チームだったこともあり、別府選手=ジャイアントというイメージがある方も多いようです。

ちなみにジャイアントの2018年メーカーカタログの表紙を飾る男性がトム・デュムラン選手です( ゚Д゚)

 

クロスバイクのEscapeR3、ロードバイクのTCR、エアロロードのPROPELが有名な他、レンタルサイクルの提供、バイク教室の開催など、世界中で自転車に関する様々なサポートを行っている企業でもあります。

 

18年モデル、EscapeR3

¥47,980-(税別)

 

 

18年モデル、TCR SLR 2

¥166,250‐(税別)

 

ローコストで優秀な性能を持つ自転車を探すとなると、筆頭候補に挙がるメーカーですが、最近では上記のような社会活動が着目され始め、その面でもファンが増えているそうです。

 

 

続いてはこちら!!

 

Bianchi(イタリア)

サポートチーム:チームロットNLユンボ(オランダ、UCIワールドチーム)

 

こちらも超有名企業。創業1885年、世界最古の自転車メーカーであるイタリアメーカー、ビアンキです。

 

緑とも青とも言えないチェレステカラーが企業のパーソナルカラーとして有名ですが、チームカラーはとても目立つ黄色。そして長い歴史の中で多くの伝説的な選手を生み出してきたメーカーでもあり、特に『走る哲学者』『海賊』の二つ名を持ち、映画も作成されたイタリア人、マルコ・パンターニ選手は有名だと思います。

サポートチームであるロットNLユンボは日本でのファンサービスがとても手厚く、国内ではトップクラスの人気チームの1つと感じられます。(ロットはオランダの公共宝くじ、ユンボ(JUMBO)はオランダのスーパーマーケット)

過去の成績が眩しすぎるせいで近年の成績がパッとしないとの声がありますが、昨年はスロベニア人のプリモシュ・ログリッチ選手がツールドフランスで区間優勝を飾ったりと、ここ2,3年の各タイトル数は確実に増えてきています。

18年モデル、ARIA 105

¥264,100‐(税別)※近日店頭に並べられそうですので今しばらくお待ちを!

 

バイク作りはロードバイクとマウンテンバイク、ともに素晴らしいバイクを作ることで知られていますが、実はスポーツ自転車よりも、ママチャリやシティ車作りこそがビアンキの真骨頂と僕は考えます。(ロードレースの話なのに申し訳ないですが…)

18年モデル、PRIMAVERA-L

¥71,250‐(税別)

 

18年モデル、VIA BRERA

¥66,500‐(税別)

この辺りは話し始めるととても長くなってしまうので割愛させていただきますが、創業者であるエドアルド・ビアンキ氏の思いが変わらず今まで受け継がれている古き良きメーカーと思っています。

 

今日のところはひとまずこの辺で!!

次回は後半戦です!!(*’▽’)オタノシミニ

公式オンラインストア

オンラインショップ 通販
OFFICIAL STORE オンラインストアはこちら
この記事のタグ:

TOPへ戻る TOP