エアロロードに触ってみませんか?

みなさんこんにちは!武蔵小山店の新井です!

 

ぼつぼつ2018年モデルで店頭用に発注したものが武蔵小山に揃いつつあります!

最近は毎週のようにニューカマーが店頭に増えていっているので、レイアウトを考える僕としては大変ですが、何より楽しいですね!

 

家の大掃除とかは苦手ですけど、お店のレイアウトを考えるのは好きなのです( `ー´)ノ

 

 

さて、僕らサイクルスポットは基本的にはママチャリや電動自転車に比重を置いた自転車屋ですが、武蔵小山店はスポーツ自転車好きがかなり多く、営業後も勉強会…ではないのですが、パーツやフレームのあれこれをよく居残って話してます。

そんな自転車好きたちが集まる店舗だからこそ、しっかりと知識をつけ自信をもってお勧めできるものがあります!

 

というわけで本日紹介する自転車はこちら!!

 

FUJI、18年モデル

TRANSONIC2.5

¥237,500-(税別)

店内在庫:520mm、マットブラック

 

ピストバイクのFEATHERシリーズ、そして去年爆発的な人気を誇ったトラックアーカイブシリーズを生み出したアメリカのメーカー、フジのエアロロードです!

 

普通のロードバイクと比べてかなり早く走れそうな見た目をしているエアロロードというジャンルのロードバイクですが、まずエアロロードがどんな自転車なのかをサクっとご説明しまと、直線でとにかくスピードが伸び、平地での加速性に優れたロードバイクです。

 

 

正面から見ますと、風を受け流すために非常にフレームが薄く作られています。

この薄さで普通にフレーム作りをすると、当然強度に問題が生まれるので、正面から見るとエアロロードはかなり薄いフレームですが、横から見るとものかなりがっしりとした構えで、大きく見えます。

 

ここまで強固にフレームを仕上げると、当然エンデュランスロードなどに比べて重量が増してしまいます。

少し前まではエンデュランスロードのフレーム重量が1100gだったのに対し、エアロは1800gですとか、それほどの開きがありました。(現在はどちらもさらに軽くなり、その差も200~400gに縮まっています)

 

つまり、平地は強い代わりに登りが弱いという短所があります。

 

 

 

では、前置き長くなりましたが以上のことを踏まえて、このトランソニックについてのご説明に入ります!!

 

 

このモデルは上位機種が存在しており、それとの違いはフレームに使用するカーボンの材質の違いです。

 

上位機種には乗り手のパワーをできるだけ漏らさずに地面に伝えるため、かなり硬いのカーボンが使われており、まさに1分1秒を争うレースで上位を狙う人に作られた物です。

しかし、硬いカーボンは体へのダメージも発生しやすいため、短距離の脚力に自信がない方にはあまりお勧めできません。(フレームの硬さに筋力が負けてしまい、最悪膝や腰を故障してしまうこともあるので

 

それに対してこのトランソニック2.5は、フレームの構造そのままに柔らかめのカーボン素材を使うことで、地面からの振動吸収性を上げています。

 

踏み込んだ際に若干のパワーロスが感じられる反面、エンデューロレースや、スピード系のロングライドでの後半戦で疲労感が感じられにくいというメリットがあります。

ぶれ

ブレーキは前後ともにダイレクトマウントブレーキを採用。

エンデュランスロードで多く使われているタイプのキャリパーブレーキよりもシナリが少なく、制動力が向上しています。

同時に、フレームでブレーキの突起を隠すことで、風がきれいに前から後ろへ抜けるように設計がされています。

 

リアブレーキのすぐ上に角のようなものが生えていますが、これはこの位置で発生する空気の渦を防ぐフィンの役割を果たします。

 

なんのこっちゃ…と思うかもしれませんが、高速移動する物体のすぐ後ろでは空気の渦が発生し、その渦が進行する物体にとって重りのような役目を果たしてしまうのです。

 

その重りを発生させないことは、1秒を競うレースの世界ではとても重要なことであり、こういう工夫の積み重ねが、重量を犠牲に平坦最強のエアロロードというジャンルを確立しているわけです!

 

 

完成車の車体重量は8.4㎏で、この価格帯のエアロロードとしては重くもなく軽くもない標準的な重量と言える数値です。

 

改造のし甲斐があるところですが、その改造ちょっと待っていただきたい!!

 

この車体には少しレアなパーツがついています!!

それがこちら!!

 

 

Oval Conceptsというアメリカのパーツブランドのホイール、ハブ、クランク、チェーンリング、を使用しているのです!!

 

このオーバルコンセプツとフジは、同じアメリカの大手スポーツメーカー、Advanced Sports Internationalの傘下に入っているのですが、オーバルに関しては現在国内でのパーツ単品での販売はほぼされていません!!

 

このブランドのパーツの入手方法はごくごく限られており、そのうちの一つとして、FUJIのバイクの完成車に装備されているものをはぎ取るというかなり強引な方法すらあります。

 

国内メーカーの機能面を重視したパーツも良いですが、せっかく乗るのであればやはりかっこいいパーツは付けたいところ。

希少価値の高いパーツを存分に見せびらかしながら、スピードランを楽しむのは最高に楽しいと思います!!

 

他にも、ここでは書ききれない魅力がトランソニックには詰まっているので、詳しくはぜひお店にお立ち寄りいただき、現物を交えながらお話しできればと思いますので、みなさまのご来店をお待ちしております!!

公式オンラインストア

オンラインショップ 通販
OFFICIAL STORE オンラインストアはこちら
TOPへ戻る TOP