東京:神奈川:千葉:埼玉:静岡に104店舗チェーン展開する自転車販売店

SNSをざわつかせたアイテム、その2!


みなさんこんにちは!ルサイク土浦店の新井です!

 

 

本当につい先程、常連のお客様からこんなご質問を頂きました。

 

 

 

「自転車屋さんって、やっぱりみんな自転車好きなんですか?」

 

 

 

少なくともルサイク土浦店のスタッフは全員、大好きですよ!!

 

 

あるスタッフは家族に、

 

あるスタッフは奥様に、

 

あるスタッフは友人に、

 

 

それぞれ呆れられる程、皆自転車好きです(笑)

 

 

得意不得意分野はそれぞれのスタッフございますが、他店購入の車体であっても修理やカスタムの相談を土浦店では受け付けておりますので、お気軽に起こし下さい!!

 

 

さて、そんなこんなで本日はSNSで話題になったアイテム特集の第2弾でございます!!

 

今回はこちらです!!

 

野口商会

ジオメトリックバーテープ

¥2,400-(税別)

 

 

派手な見た目が特徴的なバーテープです。

 

実はバーテープには様々なメリットやデメリットがあり、価格によってそれが減ったり増えたり、合わさったりします。

 

よく比較対象として上がる点としまして以下の項目があります。

 

 

・握り心地(握った感触が硬い、やわらかい、もちもち、カチカチ等、振動吸収性に影響します)

 

・伸縮性(巻く際、巻きなおす際にテープが伸びるか否か、また伸ばした際に切れづらいか否か、巻きの作業時間や修正しやすさなどに影響します)

 

・耐久性(どの程度の外的ダメージ(スレ傷、軽度の落車等)に耐えられるか、物持ちに影響します)

 

・対経年劣化(手汗や雨天などの湿気や、ハンドルを握った際の圧力にどれほど耐えられるか、同じく物持ちに影響します)

 

・価格(安いか高いか。バーテープの価格帯はおよそ1000円~4500円、しいていうのであれば交換頻度に影響します)

 

 

見た目につきましては好みがあるので上記からは除外するとして、選ぶポイントがこんなにあるんです!!

 

では、今回のジオメトリックバーテープがなぜSNSで少し話題になったのかというと、握り心地の部分です。

 

 

とにかくもっちもちなんです!!

 

 

このもちもちな感触は、リザードスキンやスーパースティッキークッシュなど、およそ3500円~4000円の割と高めなバーテープでよくある感触なのですが、それを2400円という値段で実現したところがすごいところです!!

 

もちもちな感触は振動吸収性が高く、サイクリング中に肩から手首にかけて痛みが出やすいというかたには是非オススメです!!

 

そしてこの感触はパッケージの上からでも確認することが出来ます。

 

 

これなら安心して購入できますね!!

 

 

さらに色のバリエーションも多く、車体に合わせてデコレーションしやすいのも高評価です。

 

 

今回紹介したジオメトリックバーテープ以外にも、土浦店には多数のバーテープを在庫しております。

 

作業もおよそ30~60分ほどで行うことができますのでサイクリングの休憩中にちょろっと着せ変える事ができます!!

 

よろしければサイクリングの道中、お立ち寄り下さいませ!!

 

 

※作業時間は混雑状況により大幅に前後することがございます。予めご了承下さい・・・。

東京を中心に104店舗展開中の自転車店
「サイクルスポット/ル・サイク」
オンラインストアなら24時間ご注文可能!
ご購入時に店舗受取選択で
【送料無料】
【自転車整備士の安心安全なご説明】
【盗難補償加入(有料)】