東京:神奈川:千葉:埼玉:静岡に105店舗チェーン展開する自転車販売店

GT AGGRESSOR AVALANCHE SPORT COMP EXPERT の違い


三島店より失礼いたします。

人気シリーズのGTのラインナップの中で

ご質問の多いモデル毎の違いを簡単にご紹介させていただきます。

どのモデルもタイヤサイズは“27.5X2.25”ですし、

ディスクブレーキサスペンション

ついている所は一緒ですが、おおまかな違いを表にしてみました。

AVALANCHE AGGRESSOR PALOMAR
COMP SPORT EXPERT COMP SPORT  
フレーム 6061-T6ハイドロフォーム
アルミ
6061-T6ハイドロフォーム
アルミ
6061-T6
アルミ
6061-T6
アルミ
6061-T6
アルミ
6061-T6トラディショナル
アルミ
ブレーキ SHIMANO 油圧式 Tektro 油圧式 SHIMANO 油圧式 Tektro 機械式 Tektro 機械式 Vブレーキ
ハンドル幅 720mm 720mm 700mm 700mm 700mm 620mm
変速段数 2X9 3X9 3X8 3X7 3X7 3X7
フォーク XCM 100mm ロックアウト XCT 100mm ロックアウト XCM 80mm ロックアウト XCT 80mm M3030 75mm CH-565 80mm
シートポスト 30.9X350mm 30.9X350mm 27.2X350mm 27.2X350mm 27.2X300mm 27.2X300mm
ヘッド テーパード テーパード        

 

 

  AGGRESSOR PALOMAR
EXPERT COMP SPORT  
フレーム 6061-T6
アルミ
6061-T6
アルミ
6061-T6
アルミ
6061-T6トラディショナル
アルミ
ブレーキ SHIMANO 油圧式 Tektro 機械式 Tektro 機械式 Vブレーキ
ハンドル幅 700mm 700mm 700mm 620mm
変速段数 3X8 3X7 3X7 3X7
フォーク XCM 80mm ロックアウト XCT 80mm M3030 75mm CH-565 80mm
シートポスト 27.2X350mm 27.2X350mm 27.2X300mm 27.2X300mm
ヘッド        

 

見分けるポイントを簡単にご案内しておきますと、

フレームの違い、ブレーキの種類が機械式か油圧式(&メーカー違い)か、

サスペンションの差などがあげられます。

それ以外にもハンドル幅の違いやヘッド形状(下部写真をご参照ください)も違いますし、

シートポストの太さ(長さ)も違いますね。

変速段数の違いだけでは、自転車の特徴まではよくわからないと思いますが、

こうして並べてみると、なんとなく特徴が見えてくるかもしれません。

 

※サスペンションの違いに関しては(専門的になりすぎてしまっても難しくなってしまいますので簡単に)、

サスペンションの欄に書いてある数字は、サスペンションの可動範囲の長さを表しています。

上位モデルはインナーチューブ径も太くなっていきます。

ロックアウト機能に関しては、ブログで紹介してありますので、

そちらをご覧ください。

ロックアウト機能と注意事項~サスペンションの基礎知識~

 

他にも、

機械式、油圧式ディスクブレーキの違いに関しては、

何が違うの?ブレーキ編 機械式と油圧式 ディスクブレーキの違いなど

ハンドル幅の違いに関しては

何が違うの? MTBのハンドル幅って性格が出てるんです!

などの記事がありますので、気になった事がありましたらご覧ください。

 

このような違いを調べるのが面倒な方も使用目的などをお伺いさせていただきながら、

ご提案させていただきますので、お気軽にご相談にご来店ください!

 

関連記事:

メーカー紹介 『GT(ジーティ』

GT AGGRESSOR SPORT 2019

GT AGGRESSOR COMP 2019

GT AGGRESSOR EXPERT 2019

 

 

その他の「三島店ブログ」記事はこちらから

 

サイクルスポット三島店

水曜日定休

営業時間:10:30~19:30(冬季11:30~18:30)

電話:055-943-6825

 

東京を中心に104店舗展開中の自転車店
「サイクルスポット/ル・サイク」
オンラインストアなら24時間ご注文可能!
ご購入時に店舗受取選択で
【送料無料】
【自転車整備士の安心安全なご説明】
【盗難補償加入(有料)】


この記事のタグ: GT | MTB | モデル比較 | 自転車紹介 |