東京:神奈川:千葉:埼玉:静岡に105店舗チェーン展開する自転車販売店

GIANT TALON シリーズ(2019)各モデルの違い


三島店より失礼いたします。

 

今回は GIANT TALON シリーズ(2019)各モデルの違い” をご紹介!

~TALONシリーズ~

27.5″ホイール設計、ケーブル内装式の軽量アラックスアルミフレームによる本格派ハードテイル。

シリーズ全モデルに、ロックアウト付サスペンションフォークと油圧ディスクブレーキを採用。

手にしたその日から里山トレイルやレースイベントを楽しむことができる、リアルオフロード仕様。

                                    (メーカーHPより)

2019年モデルは TALON1TALON2TALON3 と3モデルありますが、

何が違うのかをチェックしてみましょう!

今回おおまかな違いをご紹介しておきますが、細かな違いは他にもありますので

ご興味ある方はお気軽にご相談にいらっしゃってください!

 

 TALON 3  TALON 2  TALON 1
Fフォーク   

(サスペンション)

ばね(100mm) ばね(100mm) エアー(100mm)
変速段数 前3X後8 前2X後9 前2X後10
ブレーキセット 3モデル共通

(油圧ディスク)

3モデル共通

(油圧ディスク)

3モデル共通

(油圧ディスク)

ハンドルバー 3モデル共通

(31.8、780mm)

3モデル共通

(31.8、780mm)

3モデル共通

(31.8、780mm)

サドル CONNECT UPRIGHT CONTACT COMFORT NEUTRAL CONTACT COMFORT NEUTRAL
ペダル Plastic Plastic Steel
ホイール ノーマル チューブレス対応 チューブレス対応
タイヤ 27.5X2.2 27.5X2.25

Tubeless Ready

27.5X2.4

Tubeless Ready

 

TALONシリーズはATXと比べてリアルオフロード仕様ですね!

長めのハンドル幅は、ガタガタ道での安定感UPにつながります。

ブレーキ周りやハンドル幅などは3モデルとも共通になっています。 

サドルはTALONは共通。は少しワイドなサドルになっています。

 

TALON2TALON3の違いは、なんといっても「チューブレスレディ対応」かどうか。

TALON2TALON1にはシーラントが付属されています。

この価格帯で「チューブレスレディ対応」モデルが販売されるようになるとは!

さすがのGIANTですね!!

TALON1TALON2の違いは、

まず、サスペンションがバネ(コイル)エアーの違い。

さらに変速段数も後9速後10速と違いますが、段数の違いもさることながら、

TALON1のリアディレイラーにはスタビライザー(チェーンの暴れを抑制する)機能が

付いていますので、より快適なライディングにつながるかと思います。

 

 

もちろん、カラーリングもそれぞれ違いますので、機能の違いもさることながら

”見た目”も大事ですもんね!!

 

このように同じシリーズでも、用途に応じてパーツの組み合わせが異なっていますので、

ご不明な点があればお気軽にご相談ください!

MTBをご検討中の方はご相談だけでもOKですので

お気軽に三島店までご来店ください!!

 

関連記事:

[MTB] GIANT “TALON 1” 2019

[MTB] GIANT “TALON 2” 2019

[MTB] GIANT “TALON 3” 2019

[女性向けMTB] GIANT LIV ”TEMPT 3”

 

・GT AGGRESSOR AVALANCHE SPORT COMP EXPERT の違い

・(初心者のあこがれ!?)MTBの今を知ろう!定番機能からおさえておきたい流行まで

 

・初心者にもわかりやすくタメになる自転車ブログ  まとめページ(目次)

その他の「三島店ブログ」記事はこちらから

 

サイクルスポット三島店

水曜日定休

営業時間:10:30~19:30(冬季11:30~18:30)

電話:055-943-6825

東京を中心に104店舗展開中の自転車店
「サイクルスポット/ル・サイク」
オンラインストアなら24時間ご注文可能!
ご購入時に店舗受取選択で
【送料無料】
【自転車整備士の安心安全なご説明】
【盗難補償加入(有料)】


この記事のタグ: MTB | モデル比較 | 自転車紹介 |