東京:神奈川:千葉:埼玉:静岡に105店舗チェーン展開する自転車販売店

街乗り兼用は”タイヤ太め”がオススメです!


三島店より失礼いたします。

 

基本的には『街乗り(街中を走る)』用だけど、ちょっとしたサイクリングもしたい!という皆様には、

『タイヤ太め』のスポーツ自転車がオススメです!

 

ひと昔前までは、ローバイクのブームなどもあって、

『タイヤが細くて、少しでも軽い自転車』が人気がありましたが、

最近では、もう少し”カジュアルに””気楽に”楽しめる

『タイヤが太めの自転車』の人気が高まってきています。

 

というのも、

細いタイヤは、空気をパンパンにいれて、カチカチにして

より抵抗を少なくして走ることを可能にしてくれますが、

路面状態が悪かったりすると、ガタガタと振動を拾ってしまったり

歩道との段差などにも気を使いますし、

気を使わないで爆走していると、衝撃の積み重ねが

自転車にも、乗っている人にも、蓄積されてしまいます。

他にも信号で止まらなければいけなかったり、車との距離が近かったり、

急な飛び出しも注意する必要がありますよね?

タイヤが細くて軽い自転車の特徴をいかして、ビューーンとスピードを出して気持ちよく走れる場所が

街の中にはあまり無いのが実情なんですよね。。。泣

そんな中で活躍してくれるのが、もともと悪路を走る目的で使用していた

『太めのタイヤ』をはいている自転車達なんです。

 

”太めのタイヤ”の自転車は、

その空気量の多さが、クッション性(乗り心地)の向上につながるので、人にも優しいのが一番の特徴です。

細いタイヤを履いているモデルと比べると確かに重量増にはなっていますが、

自転車も進化していて、見た目ほど重くない場合も多くなりましたし、

より細いタイヤのモデルよりも、前傾姿勢が緩やかなモデルが多いので、

乗っている人への負担も軽減されますし、広い視野を確保することが可能になります。

 

という訳で、特に”レース志向”とか”誰よりも速く走りたい!”というわけではない人には、

”太めのタイヤ”がオススメです。

 

ですが、太めのタイヤと言っても、何を基準にするかで”太い”or”細い”の感覚は違ってきますので、

三島店では、(ブームにあやかって)”太めのタイヤのクロスバイク””街乗り用のMTB”など

色々とご用意してありますので、丁度良い太さを見つけにお気軽にお立ち寄りください!

 

・初心者にもわかりやすくタメになる自転車ブログ  まとめページ(目次)

その他の「三島店ブログ」記事はこちらから

 

ロードバイクは沼津店の方に増量展示中ですので、ロードバイクをお探しの方は

是非、沼津店までご来店ください。

 

サイクルスポット 沼津店

沼津市高島本町1-5イシバシプラザ1F

年中無休 10:00~20:00

電話:055-929-0345

※沼津店は基本的に”定休日無し”で営業しております。

 

サイクルスポット 三島店

水曜日定休

営業時間:10:30~19:30(冬季11:30~18:30)

電話:055-943-6825

東京を中心に104店舗展開中の自転車店
「サイクルスポット/ル・サイク」
オンラインストアなら24時間ご注文可能!
ご購入時に店舗受取選択で
【送料無料】
【自転車整備士の安心安全なご説明】
【盗難補償加入(有料)】


この記事のタグ: コラム |