東京:神奈川:千葉:埼玉:静岡に105店舗チェーン展開する自転車販売店

[何が違うの?]変速段数よりもこっちの違いの方が重要?ボスフリーとカセット (クロスバイク・MTBのご購入前に)


三島店より失礼いたします。

 

 今回は、修理件数もそれなりに多く、知っておいて損はしない豆知識をご案内させていただきます!

 比較的、安めのスポーツ自転車の価格帯の中で違いがありますので、少し専門的な話になりますが、

ぜひ初めてのスポーツ自転車をご購入前の皆様にも読んでいただければ!

 

”ボスフリー””カセット”の違い

  ~変速段数の違いと似て非なるモノ~

 

 ご購入前に変速段数をチェックする人は多いと思いますが、

これからはぜひ、”ボスフリー””カセット”の違いもチェックしてください!

※特に後ろの変速段数が7段の場合、ボスフリーとカセットの両方が混在しています。

現在では、後ろの変速段数が8段以上の場合は、カセットの場合がほとんどです。

 

まずは、下の写真をご覧ください。

 

左側が「ボスフリー」と呼ばれていて、右側が「カセット」と呼ばれていますが、

(今回は細かい仕様の違いのご説明は省略いたします。)

ぱっと見ただけですと同じように見えますが、

実は、この2つには構造の違いがあって、強度に違いがあるんです

 

 内部の”玉押し”と呼ばれる部分の幅が違うので、体重(荷重)を受け止める面積に違いがあります

面積が広い方がより安定して力を受け止められるので、荷重に対しては強いと言えますが

面積が広いのは「カセット」の方です。

 

「ボスフリー」は”ママチャリ”などの一般車から安めのスポーツ自転車に使われていますが、

この安めのスポーツ自転車というのが今回のポイントです。

 ぱっと見ただけで、これら2つの違いがわかりませんので、軽視してしまいがちですが、

これらの間には強度において確実に違いがあります。

 実はボスフリーハブのシャフトの曲がりや折れによって、

”ホイール交換”になる修理も少なくはないのが現状です。

 

 したがって、ガンガンと重いギヤで漕ぐことが想定される人

ハードなライディングを想定している人は、

「カセット」タイプを使用している自転車の方が「ボスフリー」のタイプよりも安心かと思います。

 

 もし、検討中の自転車が「ボスフリー」タイプであれば、

”あといくら足せば「カセット」タイプの自転車に変わるのか?”をぜひチェックしてみてください。

そのうえで、ご予算と相談のうえ、どちらにするかを検討していただければと思います。

 

 もちろん「ボスフリー」タイプだと確実に折れるというわけではありません。

一般車の場合だと、この「ボスフリーのハブシャフト」が折れるという事例は非常に少ないですが、

スポーツタイプの自転車ですと、重いギヤを駆使してスピードを出したり、

長距離(長時間)乗られる人も多いかと思いますので、

そうなると、自転車への負担も強くなっていくんですよね

 そのため、負担に耐えられずに折れてしまう事例も少なくはないんです。

(注:割合でいったら、折れる人の方が圧倒的に少ない事例ではあります)

 

 「ボスフリー」タイプでハブシャフトが折れてしまった人にも、

(同じ仕様のモノと交換するよりはコストがかかってしまいますが、)

ご予算があって、同じ段数でカセットモデルがあれば、

「カセット」タイプへのアップグレードがオススメです。

(変速段数が変わってしまう場合は、他のパーツも色々と変える必要があります。)

 

 ※ちなみに、ボスフリーのホイール交換になると、仕様によっても異なりますが、

少なくても1万円前後はかかるかと思います。

 

 ”どれぐらいでシャフトが折れるのか”をはっきりと申し上げることもできず、

ご購入前の皆様にとっては、はっきりしないものに予算を割くのは難しいとは思いますが、

”販売価格の違いにはこんな違いもある”という事だけでも知っておいていただければと思い、

ご紹介させていただきました。

参考になれば幸いです。

 

関連記事:

・初心者にもわかりやすくタメになる自転車ブログ  まとめページ(目次)

・初めてのクロスバイクの選び方!その1.キャラの見極めはタイヤ幅をチェック!!

・ルック車ってなに?ルック車ってダメなの?

・クロスバイク等のエンド幅(O.L.D)についてアレコレ 

・スポーツ自転車のタイプ別 特徴・違いを一目でチェック!!

・ハンドル幅って性格が出てるんです!

 

その他の「三島店ブログ」記事はこちらから

 

サイクルスポット三島店

水曜日定休

営業時間:10:30~19:30(冬季11:30~18:30)

電話:055-943-6825

 

 

 

 

 

 

東京を中心に104店舗展開中の自転車店
「サイクルスポット/ル・サイク」
オンラインストアなら24時間ご注文可能!
ご購入時に店舗受取選択で
【送料無料】
【自転車整備士の安心安全なご説明】
【盗難補償加入(有料)】

オンラインストアへ


この記事のタグ: MTB | クロスバイク | コラム | 何が違うの? | 選び方 |