東京:神奈川:千葉:埼玉:静岡に105店舗チェーン展開する自転車販売店

ルック車ってなに?ルック車ってダメなの?


三島店より失礼いたします。

 

 今回のブログは自転車店に勤めるスタッフとして

個人的な意見も含まれていますのでご了承ください。

 

 最近は、ネットで色々と調べてくるお客様も多く、「ネットだと〇〇って書いてあった」と

ネットの情報を頼りに自転車を選んでいる姿をよく見かけるようになりました。

 個人的には「ネットの情報は一つの情報に過ぎない」と思っておりますが、

時代の流れも踏まえて誤解を招きかねない情報を整理させていただこうと思います。

 ご参考になれば幸いです。

 

 皆様は「ルック車」という言葉をご存知でしょうか?

 この言葉は ”見た目はスポーツ車だけど、性能がイマイチ”という自転車を

揶揄するように使われることがあって、否定的な意味で使われる事がある言葉です。

「ルック車と知らずに購入してだまされた」

「ルック車だと後から知って後悔した」

などのコメントを見かけると、自転車店のスタッフとして残念な気持ちになります。

そこで、そのような事が少しでも減らせられればとの願いから今回は

”ルック車”についてご紹介させていただきます。

 

『高い自転車には高い理由があって、安い自転車には安い理由がある』

 スポーツ自転車になると高いものは100万円以上のものが多数存在します。

 一般的にスポーツ自転車と呼ばれる自転車は安いものでも5万円程します。

 ルック車と呼ばれるものは2~3万円台のものが多く、

(スポーツ車やルック車という言葉に明確な指定・定義はありません。)

5万円以上のものと比べて、見た目で大きな違いがわからないので、

高い自転車と同じ仕様だと思って、安い自転車を購入された結果、

先ほどのようなコメントにつながっていると思われます。

 ※特にネット限定販売ですと、やけに重いモノやあまり流通していないパーツを

使用しているなど、詳細な記述がなくトラブルにつながる機会もあるようです。

 

 はっきり言ってしまえば、5万円の自転車と2万円の自転車が同じ性能なわけがありません。

5万円の自転車を基準に考えると、3万円分はコストをおさえて2万円で販売されているわけです。

 その結果、自転車の重量や変速性能、強度、快適さ等に差が出ることになります。

 例えば、

 MTBのような見た目でも「オフロードの走行禁止」という内容のシールが貼ってあったりする場合が

あります。そこで、MTBだと思って買ったのに、”オフロード禁止”なんて聞いてない。。。ということに

つながってしまうのかと思われます。

 

 しかしながら、話を難しくしているのが、100万円の自転車だから壊れないわけでもないんです。

最高級モデルでない限り、どこかでコストをおさえていることに変わりはありませんし、

定期的な点検やメンテナンスは必要になります。

 5万円ほどの自転車でさえ、より高い自転車と比べて「ルック車」と言う人もいらっしゃいます。

 

 そこで、

「高い自転車と比較して安い理由をなるべく理解する」という事を気をつけていただけると

誤解も少なくできるかと思います。

 なるべくというのは、はっきりと数値で表現できない部分があるからです。

例えば強度に関して、「5万円の自転車がどの程度丈夫なの?」と

聞かれてもはっきりとお答えはできないのです。

 乗車される方の体重や脚力による所もありますし、

乗り方やサビ(腐食)の進行状況、転倒・衝突をしていれば、話も変わってきます。

点検や整備・メンテナンスの度合いによっても変わります

 強度という表現も、普通に漕いでいる力に対しての強度衝突に対しての強度別の話

なりますし、一般車と比べてよりスピードを出すことを目的としているスポーツ自転車は

衝撃に対する強度を必要最低限にとどめて軽量化を優先している場合もありますので、

『高い自転車=丈夫』というわけではないんです。

 

 したがって、”街乗り”での使用予定の方に

本格的なスポーツ車はオーバースペックの場合もあって、

気をつけないといけない項目が増えてしまうことがデメリットになる可能性もあります

そこで、あえて”そこまでの性能は必要はない”と考えるのも間違いではないと思います。

 

 前述の例でいえば、「もともとオフロードなんて走る予定ないし」という方もいらっしゃると思いますし、

軽量化された自転車でスピードが出ていれば、その分、衝突・転倒したときの衝撃も強くなってしまいます。

 

 逆に長い距離を走ったり、重いギヤで力強く漕いでいると自転車にも負担がかかります

そうすると、消耗が速くなってしまったり、ガタが出てきたりするので、

フレームやパーツがしっかりしているもの(高価なもの)の方が長く乗れる可能性は高くなりますし、

”軽くてしっかり”した自転車を選ぼうとするほど、価格は高くなってしまうわけです。

 

 実際のところ、普段使い&通勤用に3万円の自転車に乗られているお客様でも

『ママチャリより良く進むから気持ち良いし、変速段数もこれだけで充分!』

という人もいらっしゃいますし、

 高い自転車を購入されたお客様でも、『普通に漕いでいたら壊れた』という人もいます。

 

 話は少しそれますが、

自転車の寿命は普段の空気圧の管理からはじまり、メンテナンス次第で、大きく変わってきます。

 どんな自転車でも点検・整備に持ってきていただければ、

少しでも長く乗れるようにお手伝いいたしますので、お気軽にご来店ください。

 

~まとめ~

『ルック車がダメなのではなく、使用目的にあった自転車を購入する必要があって、

同じように見える自転車でも、値段が異なれば、必ず何かしらの”違い”がありますので、

違いがよくわからない場合はスタッフにお気軽にご相談ください。

 その性能差を理解したうえで、安い自転車でも平気なのか?高い自転車の方が

良いのか?を判断をしていただければ、ご購入後の後悔も減らせれるのでは

ないかと思います

 

 スポーツ自転車の場合は、価格が一般車と比べると高額になっています。

鍵もライトもスタンドも泥除けもついていないのに5万円以上のモデルは

たくさんあります。上位モデルは何十万円もするのが当たり前の自転車です。

”2~3万円の自転車は本格的なスポーツ自転車というよりは、

いわゆる”街乗り”用の自転車で、見た目をスポーツ自転車に近づけたモノ”

という表現が一番わかりやすいかと思います。その点をご留意のうえ、ご検討ください。

 

 特にスポーツ自転車の購入が最初の1台目ですと比較する対象が無いため、

正確に性能差を理解するのは難しいと思いますし、少しでも”安い自転車”をお探しかと思いますが、

そのあたりはなるべく自転車店のスタッフと、使用用途、使用目的なども

含めてご相談していただけると、後から後悔される機会も減らせるかと

思いますので、お気軽にご相談ください。

 

 そもそもスポーツ自転車やルック車の明確な定義はありませんし、

ネット販売等も含めますと、非常に多くの自転車が存在し、具体的な比較やご紹介ができず、

抽象的な表現になり、わかりづらい文章になってしまったことをお許しください。

 

関連記事:

・(実は強度に違いが!) 変速段数よりもこっちの違いの方が重要?ボスフリーとカセット 

・初めてのクロスバイクの選び方!その1.キャラの見極めはタイヤ幅をチェック!!

 

・初心者にもわかりやすくタメになる自転車ブログ  まとめページ(目次)

・その他の「三島店ブログ」記事はこちらから

 

サイクルスポット三島店

水曜日定休

営業時間:10:30~19:30(冬季11:30~18:30)

電話:055-943-6825

東京を中心に104店舗展開中の自転車店
「サイクルスポット/ル・サイク」
オンラインストアなら24時間ご注文可能!
ご購入時に店舗受取選択で
【送料無料】
【自転車整備士の安心安全なご説明】
【盗難補償加入(有料)】