東京:神奈川:千葉:埼玉:静岡に105店舗チェーン展開する自転車販売店

[ドロッパーシートポスト] GIANT CONTACT SL SWITCH 外装・内蔵両対応★オススメ★


三島店より失礼いたします。

 

今回は、おすすめのドロッパーシートポストのご紹介!

 GIANT『2018 CONTACT SL SWITCH』

 おすすめの理由は、外装・内蔵両対応設計価格です!!

コントロールレバーも1Xと2X用と両方付属していますので、

後々の載せ替えや、カスタムにも対応可能ですね。

(GIANTのドロッパーシートポストでも内蔵専用設計の商品もありますので、ご注意ください!)

 

~基本仕様~

・シートチューブ径:30.9mm

・ストローク量:100mm125mm150mmの3サイズ

外装・内蔵両対応(カートリッジの向きを入れ替えて対応させることになっています。)

・価格:28,000円+税(ブログ投稿時点の価格です)

 

30.9mm径のシートポストを31.6mm径にするシムも販売【800円(税抜)】されています。

 

気になる寸法は次の通りです。

<ストローク125mm>

最小嵌合長:106mm

最大嵌合長:225mm

<ストローク150mm>

最小嵌合長:106mm

最大嵌合長:250mm

<ストローク100mm>

最小嵌合長:106mm

最大嵌合長:204mm

 

※特に長めのストロークのものをご検討中の方は、

”ドロッパーシートポストを収納可能な長さがフレーム側にあるか”の

チェックをお忘れなく!

 

外装仕様にする場合(出荷状態だと内蔵仕様)は、

カートリッジの向きを入れ替える作業が必要になります。

(外装←→内蔵を切り替える時は、カートリッジの向きを入れ替えて対応させています)

向きを替える作業は、8mm,2.5mm,2mmのアーレンキーが必要です。

 

P.S.

ドロッパーシートポストにおける、時間がたつと”ぷかぷか”してくる症状については、

NEWモデルですので検証できていません。

 

もちろん、他にも取り扱い可能なドロッパーシートポストもありますし、

取り付け等に関して、ご不安なことがあればお気軽にご相談ください!

 

※在庫状況は変動いたします。

お電話での在庫確認も可能ですのでお気軽に!

 

関連記事:

・知っていて損はしない”ドロッパーシートポスト”とは!?

・ドロッパーシートポスト(内蔵)を後付けする場合はきっとコレが必要になるかも?

 

・初心者にもわかりやすくタメになる自転車ブログ  まとめページ(目次)

その他の「三島店ブログ」記事はこちらから

 

サイクルスポット三島店

水曜日定休

営業時間:10:30~19:30(冬季11:30~18:30)

電話:055-943-6825

 

東京を中心に104店舗展開中の自転車店
「サイクルスポット/ル・サイク」
オンラインストアなら24時間ご注文可能!
ご購入時に店舗受取選択で
【送料無料】
【自転車整備士の安心安全なご説明】
【盗難補償加入(有料)】

オンラインストアへ


この記事のタグ: MTB | MTBカスタム | カスタム | 用品紹介 |