東京:神奈川:千葉:埼玉:静岡に105店舗チェーン展開する自転車販売店

ディスクブレーキあるある 第2話


三島店より失礼いたします。

今回は以前にお話した

「ディスクブレーキ 『あるある』 音鳴り」

の続きということで

「ディスクブレーキあるある 第2話」です。

前回のブログが「あるある」っぽくないというご批評を
いただきましたので、今回はもう少し「あるある」っぽく
書いてみます。
あくまで、個人的な「あるある」であることを
ご了承ください。
○「ローターをサイズアップしがち」

例え、制動力に問題がないとしても、大きく(大径化)したくなってしまいます。
もちろん、大きくすれば制動力はアップしますが、
ただ、見境なく大きくするのはオススメはしません。
初期状態よりワンサイズ大きくするぐらいにしておいた方が
身のためです。ブレーキが効きすぎて返ってヒヤっとする場合も

ありますし、フレーム側が耐えられずに破損してしまう場合も
ありますので、ご注意ください。

○「交換という概念がなくなる」

いわゆるゴム製のブレーキシューと比べると交換頻度が
少なくなることから、一生モノかと勘違いして
使い続けている方がいらっしゃいます。

街乗りメインではそこまで激しいブレーキングは必要と

しませんので、あまり気にならなくなるのかもしれませんが、

ローターもパッドも消耗品で、すり減っていきますので、
使用限界というものがちゃんとあります。
しかしながら、パッと見てなかなかわからないので、
定期的に確認していただきたい部分です。

○機械式の場合「Vブレーキタイプの自転車のタイヤの着脱が面倒に感じる」

機械式のディスクブレーキの場合は、タイヤの着脱のときに
ブレーキ周りを触る必要がないので、街乗り用などに使われている
Vブレーキタイプの自転車のブレーキを開放する手間が面倒に
感じてしまうというわけですね。

油圧式の場合もタイヤを外した際はスペーサーを挿入しておくなど

ひと手間増えますので、タイヤの着脱に一番手間がかからないのは

機械式ディスクブレーキと言えるかもしれません。

 

○油圧式の場合「ワイヤーを引く握力がなくなる」

一度、油圧式ディスクブレーキのタッチになれてしまうと
ワイヤー(機械式)のブレーキがやたら重く感じてしまい、
機械式に戻れなくなります。

基本的に上位モデルになれてしまうと、なかなか下位モデルに

落とせなくなるという「あるある」の一例ともいえますね。

使われている状況などによって、もちろん他にも

色々あると思いますが、対象をしぼってご紹介してみました。

こんな会話をディスクブレーキ愛用者同士でしていたら
あなたも立派な

「ディスクブレーカー(初めて使いました。この言葉)」

の仲間入りですね!(笑)

関連記事:

「ディスクブレーキ 『あるある』 音鳴り」

 

その他の「三島店ブログ」記事はこちらから

東京を中心に104店舗展開中の自転車店
「サイクルスポット/ル・サイク」
オンラインストアなら24時間ご注文可能!
ご購入時に店舗受取選択で
【送料無料】
【自転車整備士の安心安全なご説明】
【盗難補償加入(有料)】


この記事のタグ: MTB | あるある | ディスク | ブレーキ | 機械式 | 油圧 | 購入後 |