東京を中心に展開する自転車販売店

スポーツ車(クロスバイク・MTBなど)の泥よけ(フェンダー)について


三島店より失礼いたします。

今回は、梅雨時期になるとお問い合わせが増えます

「スポーツ自転車のドロヨケ(フェンダー)」について、ご案内させていただきます。

 

通勤や通学でご使用の方などは、”見た目悪くても、重量増になってもいたしかたない”と

後から取付けされる場合もあるかと思います。

 

ネットで”ポチッ”と注文しようとしている皆様、少々お待ち下さい。

ドロヨケをご購入の際に、今一度、ご確認ください。

 

ドロヨケにはいくつかの種類がありますが、

まず、タイヤのサイズ・太さを確認して、それにあったモノを選びましょう。

 

そして、ドロヨケの取付方法も確認しましょう。

フレーム(自転車)側に、取付用の加工処理がされていないと、取付けできないものがあります

シートポストに台座を巻きつけるタイプのものはまだしも、

特にフルフェンダー(タイヤを覆い隠すようなタイプのもの)などをご検討されている方は

ご注意ください。

 

このあたりまでは、皆様お調べになっているかもしれませんが、

これから先が、なかなかクセモノです。

「タイヤのサイズも合っているし、フレーム側にも穴が空いているし、大丈夫そうだ」と

ご購入されたとしても、そのままでは取付けできない場合があるんです。。。

 

上の2つの画像を見比べていただいて、穴の向きが異なるのがお分かりになられるでしょうか?

左側のは、さらに、貫通していません。

そこで、もともと同梱されている取付け金具では、つけられない場合があるわけです。

何かしらの工夫をして取り付けられる場合もありますが、

もちろん、全てのドロヨケを取り付けられるわけではありません。

(フレームに穴を開けて、無理やり取りつけられる場合もありますが、

基本的にはそういった加工は受け付けておりません。)

その他、穴の向きはあっているけど、穴の大きさが違ったり、

穴の大きさが一緒でも、塗装されている厚みで、ネジが入らなかったり。。。

 

逆に、カンタンに取付けできるタイプは、

どうしてもずれてしまうものであるとか、

サドルを高くあげられないと取付けできなかったりするので、注意が必要になります。

リアキャリアがついているものに関しても、同様に取付できない場合が多くあります。

 

なるべくご購入前に確認できるといいのですが、カタログだけでは、詳細まで明記されていないものも多く、

手元にきて、封を開けてから、「なんか違う」という事は実際にはよくあることです。

 

というわけで、ドロヨケは、”現物合わせ”が必要になることがありますので、ご注意ください。

逆に、工夫をしたり、ネジを変えるなどすれば、取り付けられることもあります。

 

メーカー純正品と呼ばれる、メーカーさんが公式に販売しているオプションパーツが

あれば、そちらの方が、色々面倒な確認もしなくていいんですが、そういったモノが

無い場合も多いので、ご案内までさせていただきました。

 

三島店では、泥除けをお持ち込みにて取付のみの作業も可能ですが、

基本工賃にくわえて、別途、持ち込み料金や、必要なパーツに応じて

追加料金がかかる場合があります。もちろん、取付け自体が不可能な場合もあります。。。

さらに、お持ち込みの場合、上記のように何かしらの工夫が必要な際に

お客様のモノを破損する可能性がある場合にお断りせざるを得ない場合があります。

 

本来であれば、おすすめの泥よけを紹介したかったのですが、

このような感じですので、取り付けたい自転車によって、取り付けられるものが

変わりますし、カタログ上では、取付可能なのに、ひと工夫必要だったりするので、

とてもコレ!というのは言えません。

同じモデルであっても、製造年によっても変わっている場合もあるので、

とてもご案内しきれるものではありません。

 

自転車を選ばずに装着できるといえば、

お尻の部分を守ってくれる

『ASS SAVERS』

装着例を何枚か撮ってみました。

 

簡易的な泥よけをお探しの方には、工具も必要なく、簡単に取付けられるので、

ご参考までにご紹介させていただきました。

 

フレームメーカーさんが、色々と工夫をこらしている時代ですので、

泥よけに限らず、オプションパーツに関しては、いわゆる汎用品と呼ばれるものであっても、

取付けできない場合が増えてきています。

そんな時代だからこそ、何か困った事があったら、相談できるお店でありたいと思う

今日このごろです。

 

関連記事:

・マウンテンバイクの泥よけ(フェンダー)ってどうしてますか?

・ASS SAVERS(外部サイト)

・初心者にもわかりやすくタメになる自転車ブログ  まとめページ(目次)

 

その他の「三島店ブログ」記事はこちらから

 

 

東京を中心に104店舗展開中の自転車店
「サイクルスポット/ル・サイク」
オンラインストアなら24時間ご注文可能!
ご購入時に店舗受取選択で
【送料無料】
【自転車整備士の安心安全なご説明】
【盗難補償加入(有料)】

オンラインストアへ