東京:神奈川:千葉:埼玉:静岡に105店舗チェーン展開する自転車販売店

何が違うの?ブレーキ編 機械式と油圧式 ディスクブレーキの違いなど


三島店より失礼いたします。

 

シリーズでお伝えしている

『何が違うの?』

今回は2回目ということで、”ブレーキ”編をご紹介させていただきます。

 

最近ではグラベルはもちろん、クロスバイクやロードバイクにも

採用されているディスクブレーキですが、

まず、近年のマウンテンバイクには

・Vブレーキ

・機械式(ワイヤー)ディスクブレーキ

・油圧式ディスクブレーキ

のいずれかがほぼ採用されています。

 

それぞれの特徴は、以前のブログにも紹介させていただきましたので、

ページ下部にリンクを貼っておきます。

 

”見た目のかっこよさ”は今回は置いておいて、

性能面をかみくだいてご紹介しておきますと、

街乗り(舗装路での走行)用で、

雨の日も乗る予定がないという方はVブレーキでも

充分な制動力を得られると思いますが、

そうでない方は、ディスクブレーキの方が安心だと思います。

ディスクブレーキの方が、タイヤに泥がつくようなシチュエーションの時でも、

タイヤからブレーキが遠い場所にあるので、泥つまりしにくいですし、

濡れても、Vブレーキと比べて、制動力が落ちにくいので安心です。

Vブレーキはゴムを使用しているので、濡れるとすべってしまいますし、

消耗していく早さもゴム(Vブレーキ)の方が速いです。

 

 

次に、

ブレーキを多用するシチュエーションが想定される方や、

ワイヤーが錆びやすい環境と思われる方、

楽な力で、より強い制動力をお求めの方は、

機械式(ワイヤー引き)ではなく、油圧式ディスクブレーキをオススメいたします。

 

しかし、油圧式ディスクブレーキの場合、機械式にはない注意点として、

タイヤの着脱時に、ブレーキキャリパー(円盤の近くについているパーツです)に

スペーサーをいれておく必要があります。

タイヤが外れた状態でレバーを握ってしまったときに、ピストンが動いて

油が噴き出してきてしまったり、ピストン同士がくっついてしまう症状を

防ぐ必要があるからです。

また、エアーが中に入ってしまうと、エアー抜き(油交換)が必要になってしまいますので、

注意が必要になります。

 

楽な力で高い制動力が得られる油圧式ですが、

機械式と比べれば高価になります。

メンテナンスの頻度は(理論上)油圧式の方が少なくて済むはずですが、

ご利用状況によって、だいぶ異なりますので、ブログでは、そのような表現は控えさせていただきます。

今までスポーツ自転車のメンテナンスをしてきた方も、”油圧は触ったことない”という方も

多いので、メンテナンスには専門のお店に見てもらうほうが良いと思います。

(話は少しそれますが、ディスクブレーキ(機械式、油圧式問わず)の

ローター(円盤の部分)、パッド(ローターを挟み込むパーツ)は

油厳禁ですので、ご注意ください!

ご自身でメンテナンスをされた方で、皆様、最初に”やってしまう”率が

特に多いので、ご案内しておきます。)

 

機械式の場合はワイヤーが伸びてしまったことによる再調整が必要になりますが、

油圧式の場合は、そもそもワイヤーを使っていませんので、その必要はありません。

 

軽量化に特に気を使うロードバイクにも重量増になっていても、

油圧式ディスクブレーキを採用しているモデルが登場してきておりますので、

油圧式ディスクブレーキの優位性はあるとの見解と判断できるかと思います。

 

ちなみに、エントリグレード以上をご検討中の方は、

油圧式にももちろんランクがありまして、

最近ではより強い制動力が得られる4ポッド(ピストンが4つ。ノーマルは2つ)の

ブレーキキャリパーも徐々に下位モデルにも採用されてきております。

まだ低価格モデルには普及しておりませんが、少し手をのばすと、そういったグレードの

ものもありますので、ご予算に余裕がある方は、ちょっと気にしてみてください。

もちろん、ローターも上位ランクのモノの方が、ゆがみ(変形)が起きづらい工夫がされていたりしますし、

ブレーキレバーも上位モデルの方が剛性が高く、制動力が高く感じられるなど、

こだわりたいパーツの一つかと思います。

やはり良いモノを選ぼうとすると高価になっていくのはいたしかたないといったところです。

後からパーツをグレードアップしていくことをご検討中の方は、

互換性の問題なども出てきますが、

細かく見ていくとキリがなくなっていってしまいますので、ご興味ある方は

ぜひ、ご来店いただきご相談いただければと思います。

 

 

そして、ブレーキに関して、

自転車の性能を見分けるもう一つの特徴的なポイントは

ローター(車輪についているの円盤)の大きさです

 

よりハードな環境を想定している自転車にはより大きいローターがついています。

 

~参考例~

19 ATX : 前後160mm

19 TALON 3: 前180mm、後160mm

 

もちろん、大きいほうが、制動力が強くなりますが、

その分の重量増にもなりますし、フレーム側にもその制動力に耐えうる剛性を必要とします。

制動力が強くなっていくとブレーキング時の車体のコントロールにも技術が必要になってきます。

 

こちらも単純に大きければすべてが良いわけではありませんので、

想定されるご利用状況によって使い分けたいところです。

 

ということで、簡単にブレーキに関してお伝えさせていただきましたが、

高い自転車=最適 というわけではないという状況もありますので、

よくわからない場合は、お気軽にお声かけください。

機械式と油圧式の違いも実際にレバーを握っていただくと、感触の違いも分かるかと思いますので、

ぜひご来店ください。

 

 

関連記事:

ジュニアの間でMTBブーム到来!?~MTBの選び方をどーんとご紹介!~

(ページ中央部にブレーキの種類のご説明をしてあります。)

MTBの”今”を知ろう!上位モデルのすごい機能

ディスクブレーキ 『あるある』 音鳴り

何が違うの? その1.ハンドル幅

 

 

その他の「三島店ブログ」記事はこちらから

 

サイクルスポット三島店

水曜日定休

営業時間:10:30~19:30(冬季11:30~18:30)

電話:055-943-6825

 

 

東京を中心に104店舗展開中の自転車店
「サイクルスポット/ル・サイク」
オンラインストアなら24時間ご注文可能!
ご購入時に店舗受取選択で
【送料無料】
【自転車整備士の安心安全なご説明】
【盗難補償加入(有料)】


この記事のタグ: MTB | コラム | 選び方 |