東京:神奈川:千葉:埼玉:静岡に105店舗チェーン展開する自転車販売店

お尻が痛い!慣れるまで待てない!!やわらか・幅広サドルありますよ!


三島店より失礼いたします。

 

スポーツ自転車デビュー後の最初の関門は

『お尻の痛み』だったりしますよね?

 

せっかく気持ちよく風を感じて少し長い距離をサイクリングしようと思っても、

「お尻の痛み」のせいで断念せざるを得ないなんて状況も”あるある”かもしれません。

 

前回は、お金をかけずに”お尻への負担を減らせるかもしれない方法”をご紹介しましたが、

今回は、『お金はかかってもいいから、痛みを軽減したい!』をご紹介!!

 

まずご紹介するのは、低予算でサドルをやわらかくしてくれる

『ジェル入りのサドルカバー』です。

 

現在、使用しているサドルはそのままで、その上からかぶせてあげるだけですので、

低予算で済むのがなによりもメリットですね。

 

ただ、”少し長めのサイクリングもしていきたい”という場合には、

自分にあったサドルを見つけていただいた方が、もちろん快適になるのですが、

サドルの変更となると、サドルの形状・大きさなどの種類がものすごい沢山ありますので、

自分にあったサドルを見つけるのはなかなか大変なんですよね。。。

何個か試しながら、前のモデルに戻ってみたり、穴空きサドルを試してみたりと。。。

 

ただ、初心者の人のお尻の痛みの多くは、”サドルが小さくて固いせい”というイメージをお持ちだと思うので、

まずは柔らかくて幅の広いサドルに変えてみるのが一般的な対応策ですね。

 

なお、サドルを変えた場合、元のサドルも捨てずにとっておきましょう!

乗りなれてきた頃に元のサドルに戻してみると、お尻の痛みも軽減されていて

”幅広サドル”よりも調子が良い場合もありますので。

 

サドルは相性がありますので、高いサドル=万人向けというわけでもなく、

高いサドルを色々試してみた後に、お手頃価格のサドルに戻す人もいます。

どれぐらいの距離(時間)でお尻が痛くなるかによっても変わってくるので、

”サドル選び”は本当に難しいんです

 

ただ、サドルとの相性が良いと痛みがだいぶ軽減する場合ももちろんありますので、

もし、”自転車って楽しいなぁ”と思えたら自分にあったサドルを見つける”旅”もしてみる価値ありです。

 

とりあえず、短い距離でもお尻が痛くなっちゃう場合は、

「やわらかくて幅が広め」のサドルを試してみてください!

 

※在庫状況は変動いたします。

お電話での在庫確認も可能ですのでお気軽にお問い合わせください!

 

関連記事:

・お尻が痛い!サドルのせい?どうすればいいの?

 

・初心者にもわかりやすくタメになる自転車ブログ  まとめページ(目次)

その他の「三島店ブログ」記事はこちらから

 

サイクルスポット三島店

水曜日定休

営業時間:10:30~19:30(冬季11:30~18:30)

電話:055-943-6825

東京を中心に104店舗展開中の自転車店
「サイクルスポット/ル・サイク」
オンラインストアなら24時間ご注文可能!
ご購入時に店舗受取選択で
【送料無料】
【自転車整備士の安心安全なご説明】
【盗難補償加入(有料)】


この記事のタグ: 用品紹介 |