東京:神奈川:千葉:埼玉:静岡に104店舗チェーン展開する自転車販売店

自転車通勤のすすめ その2


こんばんは、丸井海老名店のタテノです。

 

前回は自転車通勤のメリットを挙げましたが、一応デメリットも触れておきます。

 

1、天気、季節に左右されやすい

雨は嫌ですね。寒いし濡れるし。

自転車通勤していても雨の日は電車という人も多いはず。

天気予報をとっても気にするようになります(笑)

季節。夏は暑くて汗ダラダラになるし、冬はめちゃくちゃ寒い!ですが、10分も走れば大分暖かくなってくるので冬場の方がまだましかもしれません。

 

2、服装問題

スーツでそのまま乗っている人も見かけますが、できれば普段着で通って職場で着替えることをおすすめします。

パンツのお尻の部分がめちゃくちゃ減ります。そのうち穴が開きます。

夏場などは汗をかくのでシャワーを浴びたり、着替えを用意する必要があるかもしれません。

 

3、自転車盗難のリスク

自転車盗難、多いです。

職場での安全な保管場所や、通勤中に寄った先、自宅でも気をつける必要があります。

できるだけ頑丈なカギを使って下さい。

U字ロック>チェーンロック>ワイヤーロックの順で頑丈になります。

ちなみにキー方式とダイヤル方式では、盗難のリスクはあまり差が出ない気がします。

なぜなら大体の場合、本体を切断して持っていかれるからです。

 

 

4、交通事故のリスク

これが最大のデメリットだと考えます。

車で歩行者でも交通事故のリスクはありますが、特に自転車は運転の仕方によっては事故のリスクが何倍にも跳ね上がります。特に自転車は生身の人間が直接乗っているわけですから、死亡事故に繋がるケースも少なくありません。

ところで交通事故って遭う人は何回も遭う人がいる反面、遭わない人は全く遭わない人がいたりしませんか?

もちろん完全な相手の過失で、避けようのないケースもありますが、自衛できるケースも非常に多いと思います。

どうしても歩行者感覚で自転車に乗る人が多いですが、「自転車は車両なんだ」と言うことを頭に置き、交通ルールを守って走れば、交通事故に遭う確率は相当減少するでしょうし、たとえ事故に遭ったとしても怪我をするリスクを減らせることでしょう。

ヘルメットを被ったり、自転車の保険に入るのも非常に有効な手段だと思います。

 

このようにデメリットもありますが、それを差し引いても余りある魅力的なメリットがあるのではと私は思います。

 

最後に自転車通勤を続けるコツですが、「頑張らないこと」です。

何を言ってるんだと思うかもしれませんが、そうなんです。頑張らない、頑張り過ぎない。

「今日は雨だなー」「体が重いなー」「気分が乗らないなー」等々、自転車通勤が億劫な日もあるでしょう。

そんな時は無理せず、電車や車を使って下さい。

ただあまりにも休みすぎると、習慣がおろそかになり止めてしまう可能性があるので、最低でも週に1日は自転車通勤して下さい。

よくあるパターンなのが自転車通勤が初めての人が意気込んで、新しい自転車を買い準備万端で、月曜日から金曜日まで頑張って通ったはいいが、翌週の月曜日「体がしんどいから今日はいいや」火曜日「今日もまだ疲れてる」水曜日「今日は寒いし」木曜日「今日は気分が乗らない」金曜日「今日は夜飲み会だし」・・・。

こうなるともう次の週から自転車通勤を再開することはないでしょう(笑)

 

例えばこんな計画はいかがですか?

はやる気持ちを抑えて最初は週に1日だけ、翌週は2日、翌々週は3日、そして週に3日を1ヶ月続けられたら毎日にしてもいいかもしれません。最初から毎日だと大体の人は続きません。

 

メリット「1」でふれた健康的な体になれる。ですが、定期的な運動をしろと言われてもなかなか時間が作れなかったり、ジムに入ってもお金がかかるし続かなかった、といった経験はありませんか?

ならば、毎日の生活の一部に運動を組み込んでしまえばいいのです。

そこで自転車通勤ですよ。

健康に良くてエコで経済的にもやさしい。こんな素晴らしいものは無いと思うのです。

 

ぜひ自転車通勤にチャレンジしてみて下さいね!

 

 

東京を中心に103店舗展開中の自転車店
「サイクルスポット/ル・サイク」
オンラインストアなら24時間ご注文可能!
ご購入時に店舗受取選択で
【送料無料】
【自転車整備士の安心安全なご説明】
【盗難補償加入(有料)】


この記事のタグ: