VANMOOF M3 S3の概要


8月より入荷しているVANMOOFのニューモデルM3シリーズの概要をまとめていきます。

大きく分けてS、B、T、Dの4モデルになります。

最初はシリーズ中のプレミアムラインというかフラッグシップといえる最も充実装備なモデルである「S3」です。

シマノALFINE内装8段シフトと新しくなったディスクブレーキ、泥よけが装備されたモデルです。


特筆すべきは、シマノALFINE8段シフト。例えばBシリーズの内装3段ギアだと、最も軽いギアと重いギアの比率は177%であるのに対し、ALFINE8段は304%とほぼ3倍以上のギアレンジを持ちます。これはどういうことかと言うと、厳しい上り坂から高速でのクルージングまで、どのようなシチュエーションでももっともこぎやすいギアを選択しやすいということです。

また、内装ギアと言って変速のための歯車が外部に露出しないタイプであり、これによりチェーンにカバーをつけることが可能になりました。これは、チェーンに触れてしまって思わず衣服を汚してしまうことがなくなること、またギアトラブルが非常に少ないことも内装ギアの大きなメリットです。専用の泥よけ・スタンドも標準しており、シティクルーザーとして使用するにはこれ以上ない充実の装備でしょう。

他の一部グレードとも共通ですが、フレーム表面はアノダイズドフィニッシュと呼ばれるアルミの梨地のような細かい凹凸のある表現になっており、サビやキズ等の劣化に強いのと同時に非常に高級感のある仕上がりになっています。

新しくなったサドルも全体の雰囲気に非常によくあう質感で手触りも良好、エアクッションで乗り心地も抜群です。残念ながら単体での販売予定はないようです。左の画像をクリックすると拡大しますが、サドル下についている半透明の球状のものが新開発のエアクッションになります。


ヘッドライト、テールライトは基本的に前モデルからの踏襲ですが、オランダ企業の雄「PHILIPS」とのコラボで実現したライトは、明るさ、信頼性、デザインの全てが既に完成の域に到達しています。ライトの充電や盗難を心配することなく、気づかないうちに夜道を常に明るく照らすライトがフレーム組み込みで装備されていることはVANMOOFのアイデンティティともいえるものでしょう。


ライディングポジションは、後ほどご案内するDシリーズほど前傾せず、自然に上体がある程度起きた状態で乗りやすいセミアップライトな感じ。変速や装備などから見ても、ガツガツと攻めるような走りよりも優雅に街中をクルージングする、という使い方が想定されます。

非常に絵になる1台です。

お値段は税抜で178,000円。現物を確認する前だとやや高いかなという印象でしたが、細かいパーツ類装備のアップデートや全体的な質感、他のブランドの自転車の為替相場による値上げを含めて考えるとむしろお買い得感があります。

他のモデルは順次更新していきます。

在庫状況はお店までお気軽にお問い合わせください。

<<取扱店舗>>
ル・サイク工房
電話: 03-5731-9325 メール:076kob@cyclespot.net
お急ぎの場合はお電話を、余裕があるときはメールもご利用ください。
住所:東京都目黒区柿の木坂1-30-12
営業時間: 10:00-20:00(1月2月は11:00-19:00) 定休日:毎週月曜日(月曜が祝日の場合は翌火曜日定休)


公式オンラインストア

オンラインショップ 通販
OFFICIAL STORE オンラインストアはこちら
この記事のタグ:

TOP