東京:神奈川:千葉:埼玉:静岡に102店舗チェーン展開する自転車販売店

The End of the Plain Bicycle(退屈な自転車の終焉)


アメリカのELECTRA (エレクトラ)はビーチクルーザーのサプライヤーとしての知名度が高いと思われますが、ヨーロッパで活躍する実用車スタイルの自転車やクラシックスタイルのスポーツ車などのラインナップも充実しており、欧米各地で喝采を浴びていることは日本ではあまり知られていません。今回はそのなかからAMSTERDAMと名付けられたシリーズの紹介をさせていただきます。

最初にご案内するのは、AMSTERDAM GIRARD 3iという実用スタイルの自転車です。こちらはAlexander Girard(アレキサンダージラルド)というデザイナーの手によるものです。
このGirardですが、もしかするとこれをお読みの皆さまも既にご存知のデザイナーかもしれません。
1960年代、アメリカの航空業界に旋風を巻き起こしたBraniff International Airways(ブラニフ航空)。The End of the Plain Plane(退屈な飛行機の終焉)というコンセプトの元、業界の慣例では誰も考えもしなかった1機ごとに異なる強烈な機体デザイン、客室乗務員の制服、空港カウンターやパンフレットなども含めた大胆なデザインによるCI(コーポレイトアイデンティティ)を持ちこむことで世界中にその名を知らしめることとなりました。そのデザインを創り出したクリエイティブたちの中心にいたのが、Alexander Girardです。

Girard colorsと言われる機体デザイン

右の企業ロゴもGirardによるもの

Braniff後も、グラフィックやテキスタイルデザイン、家具や内装などさまざまな分野で活躍を続けるGirardのデザインをクラシックダッチスタイルの自転車に反映したのがこのAMSTERDAM GIRARDシリーズになります。日本国内には3タイプが導入されました。

最初にご案内するのは、la fonda del sol(ラフォンダデルソル)というモデルです。

後ろ姿です。クルーザーともまた違うダッチバイクスタイルがよく表現されています。また、テールライトはソーラー充電のタイプがついていたりして細かいところも全く手を抜いていない感がしますね。

フロントにはシマノのローラーブレーキが装備されています。冷却用のフィン付きでシマノのラインナップの中でもかなり高機能のモデルになります。スポークもきちんとフレームカラーに合わせて塗装されています。


次は、Circles(サークルズ)。

ここでELECTRAが提唱するフラットフットテクノロジーをご紹介しましょう。
通常の自転車よりもクランクが前方向に移動したところにつきます。これだけ聞くと非常に単純な話です。実際に私も「眉につばをつけて聞いておかないと・・・」と思っていました。ところがこのフラットフットテクノロジーの自転車に試乗してみると正直驚きました。




英語の資料しかなくて申し訳ないです。メリットは、
1、地面に足がつきやすい。
2、乗車姿勢がよくなり背中や腰にかかる負担が少ない。
3、前方視界がよい。
4、手も楽ちんポジションになる。
というようなことが書いてあると思います。実際に乗った感覚としては「まるで座り心地のよいソファに座っているかのよう!」です。ウソだと思うなら、ぜひお店に来て見て座っていただければ。

最後に、quater foil(クォーターフォイル)です。

クラシックスタイルの定番とも言える砲弾型ライトです。特筆すべきは、その給電用のコードです。ハンドル下のステムの穴の中を通り、ヘッドチューブ内を通してフロントフォークの肩のあたりから出てきてダイナモにつながります。砲弾型ライトの場合このコードの断線というのはよくあるトラブルですが、やはり日常の使用でどういったトラブルが起こるのかについて真面目に考え対策を施した細工だと思います。
また、サドルとグリップは各カラーそれぞれ別のデザインのものがついています。他の2タイプの画像ではわかりづらいですが、サドルも統一デザインのエンボス(凹凸)がついていて手を抜いていません。

この手の自転車、細かいパーツの質などについて、細かいことが気になる日本人にとってはかなり「大ざっぱだな~」と感じる商品も正直なところ多いものですが、今回入荷したELECTRAはどれも「きっちり作ってます感」があります。自転車屋として自信を持ってお勧めできる商品です。ロードバイクやクロスバイクを買っても結局はどのメーカーのどのモデルも似たようなルックスだと思う方、オシャレと言われる自転車を買っても駅の駐輪場で同じものを見かけてがっかりしたりする方もいらっしゃるかもしれません、このGIRARDシリーズならそういった心配は無用です。

価格は81900円(税込)


さすがにあのデザインはステキすぎて・・・とおっしゃる方にはもうちょっとシンプルなOriginalシリーズもございます。

価格もグッと購入しやすい57750円(税込)
※ページ上部で紹介したGirardとは細かいところの仕様が異なります。

<<取扱店舗>>
ル・サイク工房(2012年6月中旬オープン予定)
電話: 03-5731-9325 メール:076kob@cyclespot.net
お急ぎの場合はお電話を、余裕があるときはメールもご利用ください。
住所:東京都目黒区柿の木坂1-30-12
営業時間: 11:00-21:00 定休日:毎週月曜日

メーカーWEBサイト:http://www.electra-bike.jp/bikes/amsterdam_girard/circles.html

東京を中心に103店舗展開中の自転車店
「サイクルスポット/ル・サイク」
オンラインストアなら24時間ご注文可能!
ご購入時に店舗受取選択で
【送料無料】
【自転車整備士の安心安全なご説明】
【盗難補償加入(有料)】


この記事のタグ: