東京:神奈川:千葉:埼玉:静岡に104店舗チェーン展開する自転車販売店

BROMPTON WORLD CHAMPIONSHIP JAPAN に行ってまいりました!


こんにちは。ル・サイク立川店佐々木です。

 

今回は『BWC JAPAN 2018』のレポートになります!内容が濃厚で、一回でまとめられないので数回に分けます。最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

 

 

BWCは輪行からスタート。レトロチックな列車を背景に一枚。

 

 

そして会場。見渡す限りBROMPTON…!こんなに多くの人が持っているのか…!と衝撃でした!

 

 

受付を済ませ、各々の時間を過ごします。受付横には「OSTRICH」「crops」「Muc-Off」などのブースもありました。メーカーさんのお話を直に聞けるいい機会ですね。

 

 

洗車の仕方、実は知らなかったより良いケミカルの使い方、なんてのも知る事が出来たり。自分の愛車なので自分で出来る部分は自分でやりたいですよね。そのほうが大切にしよう!という気持ちも強くなると思います。

 

 

試乗車ブースもありました。乗り比べやBROMPTONを持ってない方にオススメできますね。

付き添いで来た方に体感していただければ、同じBROMPTON仲間にすることができるのではないでしょうか…?

 

 

もちろんBROMPTONを持っている方が楽しめるだけではありません。所有者、そうでない方も参加できるアクティビティもあります。

上記写真はリム(車輪のわっかの部分)とタイヤだけの車輪を転がして的を狙う的当てゲーム。とてもシンプルで参加されている方も多いものでした。

 

 

遠目だとムーミンのキャラクターにも見えるこの棒たち。これ実はBROMPTONのハンドルバーステム(ハンドル下の棒)なのです。遊び心満載ですね。投げ輪はタイヤです。

 

 

家族で挑戦されたり、お子さんも挑戦したり。様々な人がやっていました。

開催日は風が強く、苦戦されている方が多かったです。しかしながら三回全て入れている運と実力を兼ね備えた方もいらっしゃいました!

 

 

スタンディングコンテストなるものも。足を地面から離して自転車に乗り、再び足が地面に付くまでのタイムを計ります。円から出てしまってもダメです。

これは難しいと感じる方が多かったのか、他二つと比べると参加する人は少なめでした。

 

 

 

 

一般の方からガッツリカスタムをした方まで幅広く楽しめる大会でした。

今回は大会の雰囲気を感じとっていただければ幸いです。

次回は自分も参加したレースのことについてまとめていきます。

次回乞うご期待!!

 

 

東京を中心に104店舗展開中の自転車店
「サイクルスポット/ル・サイク」
オンラインストアなら24時間ご注文可能!
ご購入時に店舗受取選択で
【送料無料】
【自転車整備士の安心安全なご説明】
【盗難補償加入(有料)】


この記事のタグ: