東京:神奈川:千葉:埼玉:静岡に102店舗チェーン展開する自転車販売店

BIKERIBON GRIP OOOOH&BARCODE


こんにちはこんばんは宇梶です。

個人的お気に入りアイテムを紹介してます

3回目はグリップでございます。

ご存知、ハンドルの握り部分でして、

自転車のみならず生活のあらゆるものに握り部分

すなわちグリップは存在してると思いますが、

この部分、

ただ付いてれば良いとお思いの方は多いのではないでしょうか?

しかし、自転車の特にフラットハンドルの場合は

運転中常に必ず身体に触れてる部分であり、

意図的に手放し運転や、

71520b57bcf9bfa273ca74cb92bf4f22

ノーハンドなトリックをする以外、

走行中グリップに触れない時間はほぼないといっても過言ではないと思います。

そんなグリップを自分好みのモノにするというのは非常に有意義な事なのではないでしょうか?

前置きが長くなってしまいましたが、

今回ご紹介するのはイタリアのバイクリボンのグリップ、

名前は「ウー」と「バーコード」です。

こちらのメーカーさんのグリップは

他のラインナップも含め色々とジョークやウィットに富んでいて、

機能性と遊びをうまく融合させた面白い物作りをされています、

今回は特にお気に入りの2つをご紹介。
img_1670
バーコードはまんまバーコードなんですが、

img_1695

これがまた絶妙なヒダヒダになっておりまして、

非常に優しいクッション性とグリップ感があります、
img_1671
ウーはこのイカツイ文様がまた絶妙に食い付きまして、

まるでトレッキングシューズの裏のようです、

どちらかといえばウーはグリップ重視、

バーコードはクッション性重視かと個人的には思っております。

素手で握ってもらってもよいのですが、

ここはやはり良いグローブと組み合わせてもらえればなお良しです、
以前のブログでも紹介した、

img_1672

ハーツェルのグローブと組み合わせると、

もう最高!

で、ございます。

長時間のライドになると確実に手の疲れはでてきます、

ハンドリングは直接安全に関わる部分ですので、

少しでも疲れを軽減できるのであれば積極的に取り入れていきたいものです。

見た目にも楽しいこちらのグリップ、

感触もやみつきになりますので

今まで特にグリップにこだわりのなかった方も値段も

3000円ちょっとと費用対効果が高いので、是非いかがでしょうか?

東京を中心に103店舗展開中の自転車店
「サイクルスポット/ル・サイク」
オンラインストアなら24時間ご注文可能!
ご購入時に店舗受取選択で
【送料無料】
【自転車整備士の安心安全なご説明】
【盗難補償加入(有料)】


この記事のタグ: