東京:神奈川:千葉:埼玉:静岡に102店舗チェーン展開する自転車販売店

無人島に1台だけ自転車を持っていけるとしたら~エンペラーフィールドクロス


よくあるネタ振りで「無人島に1つだけ持っていくとしたら」というものがありますが、自転車を1台だけと、考えるとどんな1台になるでしょうか?

いろいろ考えると、当然島ということは砂浜あり、草原あり、岩場あり、という訳でまずある程度悪路を走行する必要性がある。島の規模にもよりますが、ある程度長距離をスピードを出して走ることもできるとよいとも思う訳で、ついでに荷物も積めないと難しいでしょう。そもそも、そんなシチュエーションに現実味が感じられないので、やはり「今の生活で1台しか自転車を持てないとしたら」、と考えると思いつくのは何でしょうか。

自転車が趣味でいろんな自転車をお持ちの方は、レース用にロードバイク、山道(トレイル)の散策用にハードテイルMTB、週末のロングライド用にクロモリロード、近所の散歩用にミニベロ、なんていう風に使い分けることもあるのかと思いますが、1台でいろんな使い道を、と考えると、ある程度の長距離も、悪路も、買物帰りに荷物も積める、、、、個人的にはシクロクロス車にキャリアつけておく、という仕様がけっこうオススメです。

シクロクロスとは、簡単にご説明すると一見ロードバイクのようなフレーム・ハンドルでありながら、それよりも太いブロックパターンのタイヤを装着し悪路も走行が可能、ブレーキも泥づまりに強いカンチブレーキを装備した自転車というところでしょうか。ヨーロッパでは冬期間にレースなどもよく行われています。レースでは、必ず自転車を担いで越えなければいけない障害物なども設置されたコースで行われ、ロードレースの選手も冬場のトレーニングとして取り組む人も多いです。

今回、取り上げましたのは丸石サイクルのエンペラーフィールドクロス。取り付けてみたリアキャリアは、AXIOM STREAM LINER DISC DLX。

まずは、エンペラーフィールドクロスのご紹介から。皇帝シールがまぶしいクロモリフレームです。

ヘッドバッヂもゴールドが眩しい。

変速は2×9の18段変速。シフターはバーエンドシフターを採用で、便利さでは手元変速にかなわないですが自動車で言うマニュアルトランスミッションみたいな操作する楽しさも味わえますよ。

続いてキャリアのご紹介。このAXIOMのキャリアの特徴は、後方に4cmほどオフセットされた取り付け方法。何がメリットかと言いますと、まずはキャリア上面のスペースを有効活用できることです。一般的なリアキャリアだと、キャリア上面とサドル後部が重なってしまい、前の方には結局荷物が積めないなんてことがよくあります。サドルバッグをつけていると余計そうなってしまいます。この画像からも分かる通りこちらのキャリアだと高さのある荷物でもサドルと干渉しません。

もう一つの特徴は、下部の取り付けも後方にオフセットされており、元々はディスクブレーキでも付けられるような仕様になっている訳です。今回はディスクブレーキの自転車ではないですが、もうひとつメリットがあります。リアキャリアにサイドバッグなどをつけると一般的な位置だと、ペダルをこいだ時にかかとがバッグにあたってしまうこともあるんです。

で、ちょっとしたサイドバッグをつけてみた例です。これがあと4cmくらい前に付くとおそらくかかとに当たってしまいます。

続いてこちらのバッグです。LINUS BIKES(ライナスバイクス)のTHE SAC(9450円税込)です。自転車を降りたら、このようにトートバッグなります。

ショルダーにもなります。

バッグの裏面にキャリアにひっかけるフックがついています。ですのでワンタッチで取り付け・取り外しが可能です。肩から下げるときはフラップ部を手前側に巻けば体に当たることもありません。

店内にあった雑誌・カタログ類、厚いものも含めて15冊くらいです。これがバッグに、、

すっぽり収まります。

口の部分にはマグネットが内蔵されていて、パチッと留めることができます。細かいところもぬかりなしです。

上記の荷物を入れた状態で自転車に装着してみました。肩や背中で背負うには重すぎる荷物もキャリアにつけてしまえば身体への負担は極小です。カジュアルスタイルで仕事が可能な方あるいは学生さんですと、このスタイルで自転車通勤・通学なんてのもよいでしょう。書類・教科書がすっぽり入りますし、自転車降りたらそのままトートバッグ的に使えます。サイドバッグの良い点は、さらに大型の荷物があるときなどもキャリア上面の荷台にくくりつけて運ぶことができることです。

ネイビー/イエローのカラーもあります。

冒頭の「今の生活で1台だけ選ぶとしたら」で考慮しなくてはいけない点がもうひとつあります。それは、自転車の価格ではないかと思っています。週末の買い物に出かけるのに使うとしたら、やはり店の前や近くの駐輪場に停めておく必要があります。きちんとした防犯対策(施錠)が前提ですが、それでも非常に高価な自転車だと盗難にあってしまうことを考えたらゆっくり買い物もできませんよね。そんな観点からも、ご紹介したフィールドクロスはシクロクロスの完成車で85310円(当店販売価格 税込)と他メーカーと比較しても抜群のコストパフォーマンス。これならば、毎日いつでもどこにでも乗って行ける1台になるかもしれませんね。

丸石サイクル エンペラーフィールドクロス:85310円(税込)
AXIOM STREAM LINER DISC DLX:3990円(税込)
LINUS BIKES THE SAC:9450円(税込)

<<取扱店舗>>
ル・サイク工房
電話: 03-5731-9325 メール:076kob@cyclespot.net
お急ぎの場合はお電話を、余裕があるときはメールもご利用ください。
住所:東京都目黒区柿の木坂1-30-12
営業時間: 11:00-21:00 定休日:毎週月曜日
在庫状況、販売価格等お気軽にお問い合わせください。

東京を中心に103店舗展開中の自転車店
「サイクルスポット/ル・サイク」
オンラインストアなら24時間ご注文可能!
ご購入時に店舗受取選択で
【送料無料】
【自転車整備士の安心安全なご説明】
【盗難補償加入(有料)】


この記事のタグ: