東京:神奈川:千葉:埼玉:静岡に102店舗チェーン展開する自転車販売店

リキシャタンク電装系マニュアル +α



ご好評頂いております リキシャタンク。

今回は「付属のダイナモ発電機を使って携帯電話等の充電が出来る。」
という機能についてと「自転車カバー」について説明・紹介させて頂きます。

「充電の概要」
5V0.7A で使える物は使用可能です。
PC からのUSB出力と同じ仕組みです。USB 端子は標準 A プラグに対応。
携帯電話の充電に関しては、アップル製 iPhone は1A必要ですので充電出来ません。
専用アダプターを使用すれば出来ます。
その他携帯電話は、USB充電可能であれば出来ます。
オススメは、エネループ等の充電式電池に充電してから、携帯電話への充電です。

「充電時間」
ご家庭で充電する時間と同じです。
ただし、自転車ダイナモは停止・走行で充電1回となりますので、
充電する対象のバッテリー消耗が早くなる場合があります。
走行中に充電式電池に充電し、携帯電話等への充電は充電式電池からをお勧めします。

「充電器本体」
Power : ダイナモから充電器へ電力供給がされていると、青いランプが点灯します。
Charge : 充電器から充電対象へ電力供給されていると、赤いランプが点灯します。
通常、ダイナモを回転させた際は青いランプが点灯し、
充電する場合は青と赤のランプが両方点灯します。

「USBコネクタ」
USBコネクタは充電器からの取り外しが可能です。
コネクタを取り外す際は、根元から引いてください。少々力が要ります。
USBコネクタを外すと、充電器の差し込み口が丸見えになります。
差し込み口を下向きにする事で、上部からの水の浸入を防げます。
余ったコードやUSBコネクタは付属の面ファスナー(マジックテープ)に
巻き込んでおくのが良いでしょう。

「ライト本体」
ライトはオートライト仕様です。
本体裏側に感知センサーがあり、ダイナモ発電+周囲が暗いと言う条件下で
点灯する仕組みになっています。
センサー部分の切り替えにより、ダイナモ発電=点灯 の状態にする事も出来ます。

「自転車カバーについて」
ル・サイク各店、サイクルスポット各店にてお取り扱いしている
「サイクルカバー DX スタンダード」¥ 2,380
がピッタリです。

<<取扱店舗>>
ル・サイク工房
電話: 03-5731-9325 メール:076kob@cyclespot.net
お急ぎの場合はお電話を、余裕があるときはメールもご利用ください。
住所:東京都目黒区柿の木坂1-30-12
営業時間: 11:00-21:00(1月・2月は11:00-19:00に変更になります)定休日:毎週月曜日


東京を中心に103店舗展開中の自転車店
「サイクルスポット/ル・サイク」
オンラインストアなら24時間ご注文可能!
ご購入時に店舗受取選択で
【送料無料】
【自転車整備士の安心安全なご説明】
【盗難補償加入(有料)】


この記事のタグ: