東京:神奈川:千葉:埼玉:静岡に102店舗チェーン展開する自転車販売店

GIANTの軽量クロスバイク!


みなさんこんにちは、武蔵小山店の新井です!!

 

今日はジャイアントのクロスバイクの紹介です!!

 

 

台湾メーカーのGIANTは、ご存知の方も多いと思いますがスポーツ自転車メーカーでは世界シェアが1位の大企業です。

 

それゆえに、クロスバイクのなかでも様々なモデルが発売されており、ユーザーの使用目的に合った1台を探しやすくなっています。

 

その中で今回ご紹介するのがこちら!!

 

18年モデル、CROSTAR

重量、9,9㎏

サイズ430,465,500mm

色:ホワイト、ブラック

¥51,800-(税別)

 

ジャイアントのクロスバイクといいますと、Escape R3が同社のというよりも国内のクロスバイクの定番と言ってしまっても差し支えないほどの知名度と使用率の高さを持っていると思いますが、では似たような形をしているこのクロスターとエスケープR3ではどこが違うのかというのを、今回独断と偏見も交えながらお話ししようと思います!!

 

まずこのCROSTARはエスケープの車体重量よりも約800g軽い9,9㎏となっています。

この軽量化は正直なところ、クロスバイクを初めて乗るという方には体感できる違いではないと個人的には思います。

しかし1年ほど乗り込んだあとで、自転車の特徴がわかるようになってきたときに、大きな違いとして体感できるポイントだと思います。

 

そして前輪を支えるフロントフォーク。この部分がエスケープよりもハンドルの真下に近づくよう設計されているため、ハンドル操作が軽くなって扱いやすくなっています。

 

実際に乗った感ですが、エスケープと比べて踏み込んだ際のスピードの出方、ゼロからトップスピードへのもっていきやすさと、トップスピードの維持のしやすさはクロスターのほうがしやすい感じがありました。

代わりに地面からの振動が結構体に響く印象がありました。スピード重視のフレーム設計なためか、結構手首や背中にガタガタと振動が響きます。

 

以上のことから二車種の違いをまとめると、エスケープR3は生活範囲の道路状態が少し悪いという方にお勧めです。

サイクリングロードや広くきれいな道路を軽快に走りたいというならば、クロスターを選択すると、快適な自転車ライフを送れるかなぁと思います!!

 

サイクルスポット武蔵小山店には、現在エスケープR3,クロスター、RX4,グラビエ、ジャイアントが出すクロスバイク4種をすべて展示してありますので、よろしければ現物を見に来ていただければと思います!!

東京を中心に103店舗展開中の自転車店
「サイクルスポット/ル・サイク」
オンラインストアなら24時間ご注文可能!
ご購入時に店舗受取選択で
【送料無料】
【自転車整備士の安心安全なご説明】
【盗難補償加入(有料)】


この記事のタグ: