東京:神奈川:千葉:埼玉:静岡に102店舗チェーン展開する自転車販売店

パーツ、テールランプのお話し


全国のスポーツ自転車乗りの皆さま、こんにちは。
武蔵小山店の新井です。

今回は自転車ではなく、テールランプのお話です。

車道を走る自転車がたまに後ろを赤い光でチカチカ照らしてると思うのですが、あれです。

武蔵小山店は目の前を中原街道、都道二号線が通っており、車どおりはとても多いところです。

そんな車通りが多い所でもスポーツ自転車は気持ちよく走ろうとなると車道に出ざるえません(絶対に左端!逆走ダメ絶対!!)

そうすると当然、車に後ろから追突される危険も出てきます。

 

なのでみなさん、明るいテールランプをつけましょう!!

 

反射リフレクターではなく自分で光ってくれるテールランプをつけると、かなり遠方からでもドライバーの方は「あれはなんだろう?」と気に留めてくれます。
そうして意識の片隅にでもとどめておいていただければ、そこそこ距離が縮まった際に「あ、自転車か」と認識してくれる方が多いと思います。

 

では、どんな物がいいのでしょうか?

 

私がいつもお客様にお伝えしているポイントは3つです。

・明るく目立つもの(都会の明かりに飲まれないもの)

・ランニングコストのかからないもの(買ってからお金がさほどかからないUSB式がお奨め)

・管理が楽なもの(脱着のしやすさ、スイッチの押しやすさ、とかとか)

 

以上の条件でお奨めできるものは、お店にあるものですと2点!!

CAT EYE:RAPID-X2

¥5,500(税抜き)

テールランプの定番商品、キャットアイのラピッドシリーズです。

迷ったらまずこれで間違いないと言い切れるほどの明るさと操作感、耐久性を持ち合わせています。

ちなみに私が同型のものを街乗り用として2年以上使い続けていますが、特に故障や明るさが落ちたという感じはありません。

5500円という値段は高いように感じるかもしれませんが、使用期間を考慮すれば私は大満足な一品です!!

 

続きましてはこちら!

INFINI:ターボI-462R

¥2,500(税抜き)

ラピットが物がいいのは分かったけど、それでもテールランプに5000円は…という方はこちら!

インフィニというこちらもライトで有名なメーカーの物ですが、私は最初これを見たとき、3分しかもたないんじゃないかと思いました(笑)

当然ですがそんなことはないです!

かつ、ハイモード、ロウモード、点滅が3パターン、計5種類の光方をしてくれるので、値段の割に様々なシーンで使えると思います。

明るさに若干の難ありですが、コストの割には光ってくれていると思います。

 

 

ナイトライドをするにはいい気温になってきましたので、そのお供に、新しいライトは如何でしょうか?

東京を中心に103店舗展開中の自転車店
「サイクルスポット/ル・サイク」
オンラインストアなら24時間ご注文可能!
ご購入時に店舗受取選択で
【送料無料】
【自転車整備士の安心安全なご説明】
【盗難補償加入(有料)】


この記事のタグ: