東京:神奈川:千葉:埼玉:静岡に102店舗チェーン展開する自転車販売店

コンポーネント載せ替えのすすめ! シマノ ティアグラと105


 ここ数年でシマノのロードバイクコンポーネントは上位モデルは11段変速にモデルチェンジして来てます。

少し前に購入したロードバイクですと9速や10速のモデルであることが多いと思います。自分も未だ11速のロードバイクは持っていません。

シマノのコンポーネントは11速からリアハブのフリーボディが変わったりしていて

古いロードバイクを11速化するにはリアホイールを組み直すか交換する必要があります。

そこでホイールがまだまだ大丈夫な方にオススメのコンポーネントがシマノラインナップの中で唯一、10速のティアグラです。

ティアグラであれば今現在、ご利用いただいているホイールをそのままご利用いただけます。

昔からロードバイクに乗っていらっしゃる方の中にはティアグラなんてという方もいるかもしれませんが

現行4700系になって外観も上位モデルと遜色の無い質感になっていますし

シフトワイヤーの取り回しも上位モデルと同じすっきりしたものになっています。

逆に、ホイールまで交換どきであれば105を選択して11速化してもいいかもしれません。

Di2のモデルはありませんが105は性能、価格共に申し分ありません。

しかも上位モデルにもない2カラーの展開なのでアッセンブルする自転車を選びません。

但し11段変速が出る以前のモデルですとリアホイールの11段化が必要になります。

自分もホイールの部分で躊躇していて11段化できていないのでコンポーネントの載せ替えはその部分が

判断のしどころだと思います。

ティアグラのレバー、質感もアップしてます。

ティアグラのリアメカ、質感もアップしており前モデルとの互換性もなくなっています。

105ブラケットの形状は上位モデルやティアグラとほぼ同形状です。

105リアメカ

東京を中心に103店舗展開中の自転車店
「サイクルスポット/ル・サイク」
オンラインストアなら24時間ご注文可能!
ご購入時に店舗受取選択で
【送料無料】
【自転車整備士の安心安全なご説明】
【盗難補償加入(有料)】