東京:神奈川:千葉:埼玉:静岡に102店舗チェーン展開する自転車販売店

自宅で出来るメンテナンス! ディスクブレーキ編


ル・サイク立川店の金津です。

今回はお客様から問い合わせがありましたディスクブレーキのメンテナンス、ご自宅でも出来る簡単な方法をご紹介いたします。

本来油圧ブレーキなら、ホース内のオイルを抜く・ブレーキキャリパーを分解し汚れを落とす・そしてブリーディングするのがちゃんとしたメンテナンスなのですが、今回行う作業は割と簡単で、ブレーキパットを押し出すピストンの動きをスムーズにする(スムーズを維持させる)メンテナンスです。

始めにブレーキキャリパーからパットを外します。(上の写真)

工具を使い(専用工具もありますが、無い場合は部品をキズつけない様にマイナスドライバー等を薄いラバー等で保護して)押し出されているピストンを引っ込ませます。注意して頂きたいのは、キャリパーに何も挟んでいない状態で間違ってもブレーキレバーを握らないで下さいね。ピストン裏からオイルが漏れてきますから!(うっかり握ってしまってもブリーディングすれば取り返しはつきます)

 

下の写真 左(ホース側)はパッドを取り付けている状態です。右側が外している状態です。

パッドの背の部分にあたるピストン部の汚れを除去して、ピストンリングの淵にシリコーンオイルをちょいと注します。(たまに凄い勢いで注油してる方いますが、少しの注油でOKです)

注油した後必ずふき取りも行って下さい。

ちなみに何故シリコーンオイルなのかも説明しておきます。

シリコーンオイルは樹脂やゴムや金属パーツ等の保護艶出し・潤滑・滑走・撥水・離型・電気絶縁性に優れた効果を発揮してくれます。

ブレーキのピストン裏にOリングというゴムパーツが使用されている事が多い為Oリングを劣化させない為にもシリコンオイルが良い訳なのです。

 

あとはパットをキャリパーに戻し、ホイールを車体に戻し、何度かブレーキレバーを握って下さい。

とりあえずはこれで完了です!

 

ホイールをセットし回転させて時にディスクローターがブレーキパットに擦っている状態であれば、ブレーキキャリパーのセンター出しが必要になります。

キャリパーを固定しているネジ二本を少し緩め、パットとローターが擦らない位置でネジを固定するだけです。

最大の注意事項は車輪回転時に指を車輪やローターに入れない・挟まないで下さい!!最悪の場合指を失います・・・

 

今回はブレーキのメンテナンスでしたが

各種パーツのお手入れやクリーニングで分からない事があれば何でもお問い合わせ下さい!!

東京を中心に103店舗展開中の自転車店
「サイクルスポット/ル・サイク」
オンラインストアなら24時間ご注文可能!
ご購入時に店舗受取選択で
【送料無料】
【自転車整備士の安心安全なご説明】
【盗難補償加入(有料)】


この記事のタグ: